自己紹介

 

 

あなたは今、自分の人生に1ミリも不満はないですか?

 

 

 プロフィール紹介

 

初めまして。東京在住の27歳、ユウと申します。
ブログを見てくださりどうもありがとうございます。
私は現在、妻と二人でネットビジネスを本業に生活しています。

 

今でこそ組織にも時間にも縛られることのない人生を送っていますが、
サラリーマン時代は不満や不安でいっぱいでした。

 

毎日朝5時に起きて満員電車に乗って出社し、
夜は楽しくもない飲み会に出席して帰りは0時過ぎ。
毎日毎日その繰り返しです。

 

どれだけ会社に貢献したところで、
今の世の中ではいつ会社が倒産してもおかしくはありません。

 

「一度きりの人生を自由に楽しく過ごす!」がモットーの私にとっては、
会社員というのは苦痛でしかありませんでした。
しかし、ある事がきっかけで会社を辞めて、独立を志すようになります。

 

社会人に出るまでの4年間

 

2008年4月、19歳の私は一年遅れで大学に進学します。
この頃は独立なんて全く頭にありません。
大学卒業後は、会社に勤めて働くのが当たり前だと思っていました。

 

将来は公務員になるか、大企業に入社して定年まで勤めあげよう!
というのが当時の考えです。とにかく私は安定志向が強かったですね。
今の私ぐらいの年代にしてみれば、こういった考えの人は多いと思います。

 

物心ついた頃から不景気な世の中。

「将来の為にしっかり貯金しろ」
「学校ではちゃんと勉強しろ」
「良い大学に入って良い会社に就職しろ」

幼い頃からそんなことを言われ続けていれば、
そういう生き方が当たり前だと感じるでしょう。

 

私は将来の明確な目標もなく、とりあえず大学に入りました。
法学部を選んだのも、法律が好きで潰しが効くという単純な理由です。

 

何事もトップを目指さなければ気が済まない性格なので、
大学時代は主席を目指して勉強し、
卒業論文に至っては3年間かけて研究しました。

 

「とにかく良い企業に就職したい。」

大学は就職予備校だという人もいますが、
今にして思えば確かにそうだったかもしれません。

 

将来自分が家庭を持ち、不自由ない暮らしをする為にも、
今からしっかり準備しておかなければと思っていました。
だからこそ誰よりも勉学に励み、就職活動もかなり早い段階で始めました。

 

こうして大学4年生の夏に
誰もが知っているようなインフラ関係の会社から内定を貰います。

その時は「あぁ、これで俺も将来安泰だなー」と思っていました。

 

社会人一年目

 

安泰が待っていると思った社会人生活ですが、
そう甘いものではありません!
というよりも、会社が色々とヤバかったです。

 

実際の経営状態はガタガタで、
私の望んでいた安定した生活とは程遠いものでした。

 

一番衝撃的だったのは、うちの部署で一番営業成績の良い
40代先輩の給料が、
20万円代だったことです。
家のローンが返せないで転職していった方もいました。

 

よくこれで新卒採用したな!という状態です 笑。
この生活を40年と考えると、一日一日が苦痛にしか考えられません。

 

「すごくやりがいのある仕事だ!」
「この仕事に就くことが小さな頃からの夢だった!」
というわけではなく、

「何となく安定してそうだから」
そんな理由で選んだ職業です。

 

日々の人間関係のストレスや、
組織のルールなど不満に思うことが多く、
もっと自由に生きられないかと考えていました。

 

「社会人なんてそんなものだ!」とか、
「自由に生きられるわけはないだろう!」という意見もわかります。

 

しかし、それはただ単に社会の常識としてすりこまれただけです。
別に誰が決めたわけでもありません。
だからこそ、自分の生き方というのに疑問を感じていました。

 

会社勤めとはある程度の安定は望めますが、
代わりに時間を犠牲にしています。
毎日朝から晩まで働いて、休日は疲れて寝ているだけ。
そんな暮らしを40年続けて、得られるものは老後の年金。

 

もちろん安定は大事かもしれません。
しかし、安定に捕らわれすぎて、自分のやりたいことを
我慢しなければいけない人生なんて絶対に送りたくありません。
人間いつ死ぬかわからないのですから。

 

そもそも今は大企業でさえ潰れる世の中なので、
会社に依存すること自体危険です。
自分自身でお金を稼ぐ能力を身に付けなければなりません。

 

私は将来の為に、
「今を犠牲にして働いているんじゃないか?」
「今をもっと楽しく生きるべきことが大切なのではないか?」
毎日そんな風に思っていました。

 

いつ潰れるかもわからない会社に身を置くのは不安でしたが、
とりあえず3年は我慢しようと心に決めていました。

 

しかし会社の業績は更に悪化していきます。
この頃は常に仕事のことを考えており、
日曜日の夜どころか土曜日の朝から憂鬱になっていました 笑。

 

「彼女と雑貨屋でもやりながらひっそりと暮らしたいな~」
と真剣に考えていた時、久しぶりに大学の友人と再開します。

彼の一言が、私が本格的に独立を目指そうとしたきっかけになります。

 

独立を目指すきっかけ

 

「俺、今は独立して働いているんだ。」

友人のその一言が私に衝撃を与えました。

 

就職も決まらずにフリーターだった彼が、
まさか独立しているとは思わなかったからです。

 

起業や独立なんて自分には無縁のものだと思っていたので、
考えたこともありません。
しかし、こんなにあっけなくできるもんなのか!?と驚きました。

 

彼は独立してから色々なビジネスに挑戦しており、
その時は金融関係の仕事をしていました。
彼の生き方が凄く羨ましかったです。

 

何にも縛られること無く、
自由に自分のやりたいことに挑戦しており、
毎日が本当に楽しそうでした。

 

俺も独立して自由な人生を目指そう!
そう強く思った私は、その約一ヶ月後に会社を辞めました。

 

冷静に考えてみれば何てことしてるんだ!と思いますよね。
はっきり言って計画性もありません。
ただ自分に対して絶対的な信頼感を持っていたので、
絶対に成功できるという根拠の無い自身に満ち溢れていました 笑。

 

経済的・時間的・精神的に縛られない人生を送る!
これが私の人生の価値観です。
だからこそ組織に頼ることなく、独立して生きることを決めました。

 

その後半分脅しのような上司の引き止めをなんとか振り切り、
2013年の4月末に退職することに成功したのです。

 

会社を辞めた後

 

あぁ…やっと終わった……ついにこの生活から開放される…。
そう思うと最高に清々しい気分でした。しかし!当たり前ですが、
コネも金も無い私には何も頼れるものはありません。

 

あまりにも無謀な人間ですよね。
しかし会社辞めても死ぬわけでもないし、人生意外とどうにかなります。

 

それから少しして、知り合い伝手で自営業のバイヤーをしている人に出会いました。

些細な興味から仕事の話を聞いてみると、これが意外と面白い!
しかし、初期投資0で仕事ができると言われていたのが、
いつの間にか60万掛かるという話に発展していました。

 

ビジネスにおいて投資が必要なのは間違いありませんが、
さすがに信用できなかった為、そのビジネスは断りました。

 

それからは、自営業に対して怖いイメージができてしまい、
何をすべきかわからずに転職活動を始めました。
ところが就職先も決まりません。ほとんどが書類選考で落とされます。

 

一年で会社辞めた人間なんて、会社からしてみれば採用したくないですよね。
30社、40社とお祈りメールを受け取り続け、ついに12月に突入しました。

 

2013年を振り返ってみれば、結局私は何もしていません。
資産運用の勉強はしても、実際に行動を起こしていない。
独立を目指したが、すぐに諦めた。
就職活動するにしても、独立に未練があり気が入らない。

 

全て中途半端に終っています。
最初にやる気があっただけで、結局何も進歩していません。

 

2014年は挑戦の年にしよう!やりたいことを全てやろう!
そんな中で頭の片隅にあったのが、ネットビジネスです。

 

ネットビジネスとの出会い

 

ネットビジネスの存在は大学時代から知っていました。
パソコン一台あれば仕事ができるという手軽さに惹かれて
何度か調べたこともありましたが、

「結局稼げそうにないな!」
「専門用語難しすぎ!」

といった感じで、本気で始めようとは思いませんでした。

 

しかし、ちゃんと勉強してみると、
今までの考えが間違えだらけだったことがわかります。
むしろ、資産運用に興味を持っていた私にとっては、最高のビジネスモデルです。

 

具体的なメリットを挙げるならば、

・初期投資が圧倒的に少ない。
・株やFXのようにマイナスになることはない。
・在庫を持たなくて良い。
・かなりのハイリターンが望める。
・自分の裁量で自由に作業をすることができる。

ビジネスとしては限りなくリスクがないものになっています。

 

それから約一年、
今では独立して生活できるレベルになりました。

 

考え方は人それぞれですから、何通りもの生き方があるはずです。
ごく一般的な人生を歩みたいのであれば、組織の一員として働くのも良いでしょう。
自由を求めるのであれば、独立するという方法があります。
大切なのは何が良くて何が悪いかではなく、自分がどういう生き方をしたいかです。

 

私は将来家庭を持ったときに、
できるだけ長い時間を家族の側で過ごしたいと考えています。
妻とは今後も色々なビジネスに挑戦しながら、
世界を旅して回りたいです。

 

お金にも時間にも縛られることなく、心にゆとりのある生活。
それが私が思い描く、人生の理想像です。

 

今後の目標

 

今後は更に興味のあるビジネスに挑戦していき、
より人間的に成長できればいいなと思っています。
コンサルタントの仕事もしているので、
同じような悩みを抱えた人達のサポートをしていくことが目標の一つです。

 

同じような悩みを抱えている方や、独立に興味がある方、意見や感想のある方、
気軽にメッセージを送ってください。
このサイトが、少しでもあなたの心に響くようなものになれば幸いです。

 

 

最後まで読んで頂きどうもありがとうございました。