ネットビジネスの確定申告について!経費はどこまで落ちるのか?

どうもこんにちは。ユウです。

さてさて、今回は前回の記事に引き続き、
確定申告にまつわるお話をしていきます。

ネットビジネスを行う上での、
経費について説明していくので、
確定申告の際に役立ててください!

経費と確定申告について!

 

会社員同士の飲み会なんかで、

『会社の経費で落ちるから大丈夫!』

なんてセリフを良く聞きますよね?

 

経費というのは、
仕事を行う上で必要な費用のこと。

 

仕事の業務に関係する出費であれば、
収入からその額を差し引いて、
所得に掛かる税率を下げることが可能です。

 

例えば利益が1000万円あったとして、
その内の経費が600万円だったとしましょう。
すると、確定申告の際に所得税の対称となるのは、
経費を差し引いた400万円のみということになります。

 

どんどん経費を使って所得を減らした方が、
掛かる税率が少なくなるということです。

 

どうせ税金で持っていかれるのであれば、
仕事に必要なお金として
使ってしまって方が良いですよね 笑。

 

続いて確定申告についてですが、
ネットビジネスで得たお金は
もちろん申告しなければなりません。

 

サラリーマンの副業の場合は20万円以上、
専業主婦などの場合は38万円以上になったら、
確定申告をする必要が出てきます。

 

お金を稼いでいるにも関わらず申告しなかった場合、
税務署に確実にバレますので、
必ず申告はしてくださいね 笑。

 

確定申告には、
青色申告と白色申告という2種類があるので、
それに関してはこちらの記事をご覧ください!

個人事業主の確定申告について!青色申告と白色申告の違いとは?

 

それでは、ネットビジネスの経費は
どんなものを落とすことができるのか?
説明していきたいと思います!

 

ネットビジネスの経費について!

 

一般的に経費と聞くと、

・仕入れに使用した費用。

・仕事上必要な機材。

・人を雇うための人件費。

などを思い浮かべると思いますが、
ネットビジネスは経費がほとんど掛かりません!

 

アフィリエイトにしてもメルマガにしても、
基本的にはパソコン一台とネット環境があれば
仕事ができるので、仕事に費やす金額は少額です。

 

つまり、500万円稼いだら
その500万円がほぼ利益となってしまいます。

 

このまま確定申告を行うと、
かなりの所得税が掛かってしまうので、
仕事に使用した金額は経費として計上していきましょう。

 

さて、ネットビジネスで経費として扱えるものの
一例を挙げてみます。

 

・通信費

・電気代

・サーバー代金

・ドメイン代金

・情報商材

・ツール

・交通費

・セミナー費用

・家賃

・パソコン代

 

ネットビジネスと言っても
色々な種類があるので一概には言えませんが、
全てに共通しているのは上記のようなものがあります。

 

まず、通信費や電気代、サーバーやドメイン代など、
ネットビジネスに必要不可欠な費用は経費で落とせます。

 

ただし、通信費に関しては、
プライベートで使用している分もある場合、
全てを経費にすることは難しいです。

 

家賃も同じで、仕事場として
部屋を借りているなら全額経費に回せますが、
住居として使用している場合は、
ネットビジネスに使用している分だけが経費となります。

 

この辺ははっきりとした決まりがない為、
税務署や税理士に聞いたほうが良いです。

 

その他情報商材やツール、
勉強会セミナーや交通費等も経費になるので、
必ず領収書を取っておくようにしましょう。

 

ちなみに、確定申告の際に
領収書を提出する必要はありません。

 

税務署から調査が入った時の為に、
使用した領収書はきちんと保管しておきましょう。

 

大量の領収書を取っておいたとしても、
後々税務署から突っ込まれて対応できなければ、
経費として認められない可能性もでてきます。

 

その為、領収書の裏などに、
どんな時に支払ったかをメモしておくと良いですよ。

 

私の場合はコンサル生なんかもいるので、
コンサル生と打ち合わせしてきたの飲食代や、
その時に使用した領収書なども取っておいています。

 

情報商材やツールなど、
最近は領収書が電子化されている場合も多いですが、
きちんとプリントアウトしておけばOKです。

 

経費に計上するかどうかで、
払わなければならない税率が大きく変わってくるので、
領収書は必ず取っておくようにしましょう!

 

まとめ!

ネットビジネスは利益率が大きすぎるが故に、
確定申告の際に所得税が多く掛かってきます。

そして、副業にしても、
確定申告は必ず行わなければなりません。

税金のことをきちんと理解していないと、
一生多額の税金を払い続けることになります。

今のうちからしっかりとお金の勉強をしておきましょう!

サラリーマンがアフィリエイトの
確定申告をする場合はこちらの記事を参考にしてください!

アフィリエイトの確定申告!サラリーマンは会社にばれないのか?

サイト運営者情報

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です