500 Internal Server Errorの意味とは?一瞬で解決する直し方!

どうもこんにちは!ユウです。

今日は朝っぱらからこのブログに対して、
500 Internal Server Errorが頻発して出てしまい、
全くアクセスができない状況になってしまいました。

今回はエラーの意味と、
エックスサーバーを使用している場合に、
一瞬で解決する直し方を説明していきます!

500 Internal Server Errorの意味は?

 

いやいやいや、今日は朝から
ブログに全くアクセスできませんでした。

 

たまにこのブログには
『500 Internal Server Error』が
出ることがあったのですが、
今日は朝から永遠と表示され続けていました。

 

一瞬だけ繋がることもあったのですが、
編集画面に移動しようとすると、
直ぐにまたエラーが出てしまい、
とてもサイトを更新できるような
状況ではありません^^;

 

エラーの表記を見てみると、
『CGIのパーミッションに誤りがある』とか、
『CGIのソースコードに問題がある』とか、
全く意味のわからないことが書いてあります。

 

しかし、500エラーが発生する大半の原因は、
サーバーに対する負荷が大きいということです。

 

例えば、サイトに大量の
アクセスが集中していたりすると、
サーバーに負荷が掛かって
エラーが連発することがあります。

アクセス集中が原因の場合はこちらの記事をご覧ください!

サーバーエラー500の原因と解決方法は?プラン変更で対処!

 

エックスサーバーのサポートに電話をして、
エラーログを確認してみたのですが、
やはり原因はサイトに負荷が
掛かり過ぎているとのことでした。

 

エックスサーバーでサイトを複数運営していますが、
全pvを合計しても一日3,000未満。
それでも負荷が掛かってしまうんですね^^;

 

色々と対策を調べてみると、
一瞬で500エラーを解決する直し方があったので、
今回紹介していきます!

 

一瞬で解決する直し方とは?

まずはエックスサーバーの
【サーバーパネル】にアクセスします。
『サーバーID』と『パスワード』を入力し、
【ログイン】をクリックしてください。

 

次に【PHP高速化設定】をクリック。

 

500エラーが出ているドメインを選び、
【選択する】をクリックしましょう。

 

続いて【PHP高速化設定を変更する】をクリックしましょう。

 

『FastCGIを有効にする』と、
『APCを有効にする』にチェックを入れて、
【確定】をクリックします。

 

これで作業は完了です。

 

まとめ!

500 Internal Server Errorとは、
サーバーに負荷が掛かり過ぎている状態です。

私の場合はPHP高速化設定を行うと、
一瞬にしてエラーが解除されました。

サイトにアクセスできずに困っている人は、
ぜひ試してみてください☆

管理人情報!

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です