アドセンスの二次審査に不合格だった場合!落ちた原因や対策は?

どうもこんにちは!ユウです。

現在はアドセンス審査が厳しくなっており、
二次審査で不合格になる人もいます。

審査に落ちたからといって諦めることはありません。
何度でも再審査を受けることができるからです。

今回はアドセンス二次審査に落ちた場合の、
原因や対策について考えていこうと思います。

二次審査に不合格になった原因は?

 

アドセンス審査は受かるのが普通!
と、思っていたのですが、
中には不合格になる場合もあるようです。

 

特に最近は審査が厳しくなっているようで、
昔よりも合格のハードルが上がっています。

 

先日私のコンサル生も
アドセンス審査に落ちてしまったので、
現在再審査の準備をしているところです。

 

アドセンス審査に不合格になったとしても、
何度でも再審査を受けることはできます。

 

しかし、不合格の原因を明確にしなければ、
何度挑戦したところでも結果は同じです。

 

まずは不合格になった原因を明確にしましょう。

 

①著作権に違反している。

芸能人の画像や個人がアップロードした動画など、
著作権に違反したコンテンツを使用した場合は、
アドセンス審査に落ちやすくなります。
審査に合格するまでは、
画像や動画の使用を避けましょう。

 

②記事をコピペしている。

記事を他のサイトからコピーするのは禁止です。
必ず自分のオリジナル記事を書くようにしてください。
当たり障りのない日記記事がお勧めです。

 

③記事の字数が少ない。

記事の文字数は、800字以上、
できれば1,000文字程度で書くようにしましょう。
300字や400字ではさすがに少なすぎるので、
審査に落ちる可能性が高くなります。

 

④記事数が少ない。

記事数が1記事2記事では少ないです。
アドセンス審査は、
5記事以上を書いてから申し込むのが良いでしょう。

 

二次審査に不合格になった場合の対策とは?

 

審査に落ちた原因を明確にし、
改善さえすれば、審査には合格できます。

 

・著作権に反した画像や動画を使わない。

・記事は完全オリジナルにする。

・文字数は最低800字以上。

・記事数は最低5記事以上。

 

少なくともこれらを守っておけば、
二次審査に合格する可能性は高くなるでしょう。

 

二次審査は一次審査と違って、
Google社員が目視で判断すると言われています。

 

その為、問題点を改善しないまま
何度も再審査に申し込むのは、
審査に落ちやすくなるかもしれません。

 

再審査を受ける場合は、原因を解明し、
コンテンツを完全に改善してから
申し込むようにしましょう。

 

まとめ!

二次審査に不合格になった場合、
何度でも再審査に申し込むことができます。

画像や動画を使用せず、
800文字以上のオリジナル記事を、
5記事以上投稿するようにしましょう。

Googleアドセンスの審査に一発で合格する方法は、
こちらの記事でも詳しく説明しています!

アドセンス審査に一発で合格するポイント!申請方法について!

管理人情報!

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です