アフィリエイトの確定申告!サラリーマンは会社にばれないのか?

どうもこんにちは。ユウです。

今回はサラリーマンが副業で
アフィリエイトを行っている場合の、
確定申告のやり方を説明していきます。

会社にばれると心配しているかもしれませんが、
ある方法で行えばばれない可能性が高いです。

確定申告に困っているサラリーマンは、
参考にしてみてください!

確定申告が必要な場合とは?

 

副業社会の現代では、
サラリーマンでアフィリエイトを
行っている人は多いでしょう。

 

パソコンが一台あれば、
自宅で気軽に収入を得られますからね。

 

その際に困るのが、確定申告です。

 

サラリーマンの方は会社が
勝手に確定申告をしてくれますが、
副業の場合はそうもいきません。

 

さて、サラリーマンの副業で
確定申告が必要な場合は、
年間の所得が20万円を超えた場合です。

 

所得が20万円以下の場合は
確定申告をする必要はありません。

 

つまり、もしもアフィリエイト収入が
年間30万円だったとしても、
経費で20万掛かっている場合は所得が10万になり、
確定申告をする必要がなくなります。

 

アフィリエイトの場合は
利益率が高すぎて税金が多く掛かってくるので、
経費で計上できる分は
きちんと領収書をとっておきましょう。

 

ネットビジネスの経費に関する記事はこちら!

ネットビジネスの確定申告について!経費はどこまで落ちるのか?

 

確定申告の方法について!

 

さて、いざ確定申告をすることになった場合、
確定申告には、白色確定申告と青色確定申告の2種類があります。

 

副業程度でアフィリエイトを行っているサラリーマンの場合、
稼ぎは少ないと思うので白色確定申告で問題ありません。
白色確定申告は申請が簡単で、
利益や経費などを書類に記入をして提出します。

 

青色確定申告の場合は開業届を提出する必要があり、
更に書類の記入が多くて面倒です。
その代わりに65万円の基礎控除があるので、
掛かる税率が少なくなります。

 

白色確定申告と青色確定申告の
詳しい違いはこちらの記事をご覧ください!

個人事業主の確定申告について!青色申告と白色申告の違いとは?

 

副業が会社にばれない方法!

 

さて、サラリーマンの場合は
会社が副業を禁止していることが大半だと思います。

 

確定申告をすれば会社に
アフィリエイトで収入を得ていることが
ばれてしまうと心配しているかもしれませんね。

 

100%ではありませんが、
会社に副業をばれないで申請する方法があります。

 

それは、確定申告の際に、
住民税の徴収方法を、特別徴収ではなく、
普通徴収にチェックするだけです。

 

会社に副業がばれる原因の一つは住民税にあります。
住民税は所得に関して変わってくるので、
住民税が変動していれば、
会社以外にも所得があることがばれてしまいます。

 

普通徴収とは住民税を自分で収める方法なので、
会社にばれることはまずありません。

 

会社にばれないで確定申告をする場合は、
必ず普通徴収で住民税を支払うようにしましょう。

 

まとめ!

副業でアフィリエイトを行っているサラリーマンは、
所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

白色確定申告と青色確定申告がありますが、
稼ぎが少ない場合は白色確定申告で十分です。

住民税の徴収方法は、特別徴収ではなく、
普通徴収にチェックするようにしてください。

これで会社にばれることなく確定申告を行えます^^

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。