ミッションインポッシブルを4作品まとめて観た感想!

どうもこんにちは。ユウです。
今回も何気ない日記記事を書かせていただきます。

8月7日にミッションインポッシブルの新作が公開されますね。
先日自宅で嫁とミッションインポッシブルの過去の4作品を
まとめて観賞したので、その感想を述べていきます( ´ ▽ ` )ノ

ミッションインポッシブルの感想は?

私は映画好きで、
よく妻と自宅でDVD観賞をしています^^

 

特に単純明快なストーリーで、
超有名ハリウッドスターが出演する、
ド派手なアクション映画が好みです。
まぁいわゆるミーハーと思ってください 笑。

 

中でもミッションインポッシブルは
かなり好きな映画で、先日シリーズを4作品を
まとめて一気に見てしまいました( ´ ▽ ` )ノ

 

この映画の面白いところは、
1〜4まで全て監督が違うので、
作風が丸っきり異なっているということです。

 

1は緊迫感溢れる演出が得意な、
ブライアン・デ・パルマ監督。

王道のスパイサスペンスアクション!
と言った感じの映画で、裏切り者は誰か?
という真相に迫っていくのが面白いです。

トムクルーズがCIA本部に乗り込み、
宙づりになるシーンが一番の見所ですねw

シリーズの原点となっているので、
やはり一度は見ておくべく作品だと思います。

 

2はバイオレンスアクションの巨匠である、
ジョン・ウー監督。

2丁拳銃とスローモーションアクション、
そして白い鳩がジョン・ウー監督の作風ですね!

超ド派手なアクション映画で、
ハッキリ言ってスパイは全然関係ないです 笑。

ですが、わかりやすいストーリーと、
派手なアクションが個人的にはドンピシャで、
一番お気に入りの作品となっています。

とにかくカッコつけたシーンだらけなので、
トムクルーズファンには最高の作品でしょう。

 

3は多くのテレビドラマを手がけてきた
J・J・エイブラムス監督。

今までとはスタイルをガラッと変えて、
一風変わったOPから物語がスタートします。

1の頭脳線と2のアクションを足して
割ったような作品です。

2がトムクルーズ単独のド派手な
アクション映画だったのに大して、
3ではチームプレイが強調されています。

ただ、正直3はあまり印象に残っておらず、
個人的には影の薄い作品です^^;

 

4はピクサーなどのアニメーション作品を
手がけてきた、ブラッド・バード監督。

4は完成度がかなり高く、
1〜3の集大成のような作品となっています。

サスペンスもあり、アクションもあり、
チームプレイもありと、
シリーズで一番バランスのとれた作品です。

世界一高いタワーと呼ばれる、
ドバイのブルジュ・ハリファでのアクションは超圧巻!

トムクルーズがスタントなしで
アクションシーンをこなしているのがすごいです!

 

こんな感じで、1〜4まで見事に作風が異なっています。
ミッションインポッシブルシリーズという映画なのに、
作り手が違えば全く違う作品になるのが面白いですね。

 

ミッションインポッシブルシリーズから学んだこと!

私はよくブログの記事やメルマガを
書いていますが、同じテーマでも、
書き手が違えば雰囲気がガラッと変わります。

 

映画にも記事にもメルマガにも言えることですが、
見る人全てに賛同してもらえる作品を作るのは難しいです。

 

例えば私はバリバリのアクション映画が好きなので、
2が一番のお気に入りですが、一般的には2の評価は低いです。

 

サスペンス好きには1。
アクション好きには2。
チームプレイを楽しみたい人は3。
バランスのとれた作品を観たい人は4。

 

記事にしてもメルマガにしても、
人にメッセージを伝える何かを製作する際には、
どんな人をターゲットにして、
どういう切り口で話を展開させていくのかが
重要なことだと思いました。

 

ということで、
ミッションインポッシブルシリーズから
学んだことでした( ´ ▽ ` )ノ

管理人情報!

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です