WordPressでよく使うコードの記憶&呼び出し方!プラグインで対応!

どうもユウです!

WordPressを運営していると、
よく使用するコードってありますよね?

いちいち打ち込むのは面倒だと思うのですが、
あるプラグインを使用すると、コードを記憶させ、
いつでも呼び出しができるようになるのです。

今回はプラグインの使い方を書いていきます!

コードを呼び出せるプラグインとは?

 

ユウ
頻繁に使用するコードをいちいち打ち込むのって面倒だよね。
カナ
わかるわ。私は面倒な作業は極力減らしたいから。
ユウ
そんな悩みを抱えている方も、あるプラグインを使えば簡単に解消できるんだ!
カナ
えっ!?そんな魔法のようなプラグインが存在するの!?
ユウ
それがAddQuicktagというプラグイン!コードを記憶させ、いつでも呼び出すことができるんだ!
カナ
まぁ!でもお高いんでしょう!?
ユウ
このAddQuicktagは、無料で使うことが可能なのさ!!

 

ということで、今回は『AddQuicktag』のご紹介です☆

 

頻繁に使用するコードを記憶させ、
いつでも呼び出すことができるという優れもの!

 

それではさっそく使い方について説明していきます。

 

AddQuicktagの使い方まとめ!

ユウ
さてさて、さっそく使い方をまとめてみたよ☆
カナ
簡単な作業だから、パソコン音痴の私にもできそうね( ´ ▽ ` )ノ

 

まずは外観からプラグインの
『新規追加』をクリックします。

 

プラグインを追加の検索枠に、
『AddQuicktag』と入力しましょう。

 

検索して出てきたAddQuicktagを選び、
『いますぐインストール』をクリックしてください。

 

『プラグインの有効化』をクリックします。
これでAddQuicktagのDLと有効かは完了です。

 

続いてAddQuicktagの設定に入りますので、
設定から『AddQuicktag』をクリックしましょう。

 

ボタン名:コードの名前を入力。
開始タグ:コードの開始タグを入力。
終了タグ:コードの終了タグを入力。

 

3点を入力したら、右側のチェックボックスに印を入れてください。
これで全てのボックスにチェックが入ります。
最後に『変更を保存』をクリックして完了です。

 

記事の投稿画面で『Quicktags』を選択すると、
記憶させたコードが出てきます。
使用したいコードをクリックしましょう。

 

するとコードが入力されるので、
これで自由にコードを呼び出すことが可能です。

 

まとめ!

以上が『AddQuicktag』の使い方一覧でした!

一度コードを登録さえしてしまえば、
いつでも簡単に呼び出せるので、ぜひ活用してみてください。

よく使うコードはまとめて登録しておくと便利ですよ。

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

サイト運営者情報

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です