WordPress記事に吹き出しを入れる方法は?セリフ挿入のやり方!

どうもユウです!

WordPressの記事を、
会話形式(セリフ調)にしたい時ってありますよね。

色々と方法を探してみたのですが、
何とプラグインを一つ使うだけで、
簡単に吹き出しを挿入できることがわかりました!

というわけで今回は、
WordPress記事に吹き出しを入れるやり方を
書いていきたいと思います( ´ ▽ ` )ノ

使用するプラグインとは?

 

ユウ
さてさて、今回はWordPress記事で吹き出しを使用する方法をまとめていくよ!
カナ
まさに私たちのことだね( ´ ▽ ` )ノ
ユウ
やり方は至って簡単!HTMLの編集など、難しい操作は必要ありません☆プラグインを使用すれば、誰でも簡単にセリフが入れられます^^
カナ
プラグインを入れるだけなら、パソコン音痴の私でも簡単にできそうだね( ´ ▽ ` )ノ
ユウ
使用するのは、『Speech bubble』というプラグイン!
カナ
さっそく使い方を見ていきましょう☆

 

Speech bubbleのDLと有効化の方法!

まずはダッシュボードのプラグインから、
『新規追加』をクリックします。

 

プラグイン追加の検索枠に、
『Speech bubble』と入力してください。

 

検索から出てきたSpeech bubbleを選択し、
『いますぐインストール』をクリックしましょう。

 

『プラグインを有効化』をクリックしれば、
Speech bubbleのDLと有効化は完了です。

 

Speech bubbleの使い方!

続いて、記事内にコードを挿入すると、
吹き出しの挿入ができるようになります。
コードの挿入は『ビジュアル』で構いません。

 

挿入するコードは次が基本となります。

http://youleben.com/wp-content/uploads/2016/01/Speech-bubble.rtf

※テキストをDLしてコードをコピーしてください。

 

コードをコピーして貼り付けると、このようになります。

A さん
どうもこんにちは!
B さん
よろしくお願いします!

これが基本的なスタイルです。

 

コードを書き換えることで、
『デザイン』『向き』『画像』『名前』を、
自由に変更することができます。

 

type=”drop”

“drop”は吹き出しのデザインを表しており、
全部で9種類のデザインがあります。

『drop』『std』『fb』『fb-flat』『ln』
『ln-flat』『pink』『rtail』『think』

枠内を上記の9種類に入れ替えることにより、
自由に吹き出しのデザインの変更が可能です。

 

subtype=”L1″

“L1″は吹き出しと人の向きを表しています。

『L1』は吹き出しと人が左側に、
『R1』は吹き出しと人が右側になります。

 

icon=”1.jpg”

“1.jpg”は使用する画像を表しています。
枠内のワードを変えることにより、
アップロードした画像に変更が可能です。

 

name=”A さん”

“A さん”は表示される名前を表しています。
枠内のAさんを別名に入力することにより、
名前を変更することが可能です。

 

画像の変更方法は?

最後に画像の変更方法を説明します。
画像のアップロードはFTPソフトを使用してください。

 

『Speech bubble』をDLしたサイトをクリックします。

 

『public_html』をクリックしてください。

 

『wp-content』をクリックしましょう。

 

『plugins』をクリックします。

 

『speech-bubble』をクリックしてください。

 

『img』をクリックしましょう。

 

ここに『jpg』形式の画像ファイルを英数字でアップロードします。
アップロードした画像ファイルの名前を、
icon=”1.jpg”の中に入力すれば作業は完了です。

 

まとめ!

ユウ
以上が『Speech bubble』の使い方です☆
カナ
設定自体は簡単だから、直ぐに使えそうね( ´ ▽ ` )ノ
ユウ
Speech bubbleは次のプラグインとも相性が良いので、合わせて利用してみてください!
WordPressでよく使うコードの記憶&呼び出し方!プラグインで対応!

サイト運営者情報

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です