レスポンシブ広告(アドセンス)のクリック率と単価を上げる貼り方!

どうもこんにちは。ユウです。

Googleアドセンスには様々なサイズや種類があります。
その中でもクリック率と単価が一番高くなるのは、
レスポンシブ広告です。

しかし、貼り方を間違えると、
クリック率と単価が大幅に下がってしまいます。
今回は、レシポンシブ広告の正しい貼り方を説明していきます。

レスポンシブ広告(アドセンス)とは?

Googleアドセンスのレスポンシブ広告とは、
パソコンやスマホなど、ユーザーが閲覧している媒体によって、
適切なサイズの広告を出してくれます。

例えば、『336×280レクタングル(大)』の広告を使っている場合。
パソコンから見るとキレイに広告が表示されていても、
スマホから見ると広告が画面からはみ出して表示される場合があります。

パソコンから見た場合・・・

スマホから見た場合・・・

これに対してレスポンシブ広告は、
パソコンから見ると『336×280レクタングル(大)』、
スマホから見ると『300×250レクタングル(中)』など、
それぞれの媒体に合わせたサイズで表示してくれます。

レスポンシブ広告が出たばかりの頃は、
表示される広告の種類も少なく、
クリック率や単価が低くなる傾向にありました。

しかし、今では広告の種類がかなり増えてきたので、
クリック率や単価もそれなりに高くなります。
数あるアドセンス広告の中でも一番オススメです。
僕も全てのサイトでレスポンシブ広告を使っています。

レスポンシブ広告(アドセンス)の正しい貼り方とは?

レスポンシブ広告を使う上で、注意点があります。

取得した広告コードを一部書き換えてください。
レスポンシブ広告のコードをそのまま貼ってしまうと、
小さなサイズの広告が表示されることがあります。
そうなると、クリック率や単価が極端に低くなるんです。

以前、僕もコードを書き変えずに
そのまま貼ってしまったことがあるのですが、
それが原因でアドセンスの報酬額が一気に低くなりました。

広告コードの一部を書き換えると、
大きなサイズの広告だけを表示してくれるので、
クリック率や単価は高くなります。
書き換える部分は次の通りです。

“auto”

という部分を、

“rectangle”

に書き換えてください。

この部分を書き換えることによって、
大きなサイズの広告が表示されるようになります。
その後は、通常通りコードを貼ってもらえればOKです!

まとめ!

レスポンシブ広告はユーザーが見ている媒体によって、
適切なサイズのアドセンス広告を表示してくれる優れものです。

しかし、そのまま広告コードを貼ってしまうと、
クリック率や単価が低くなる可能性があります。
“auto”という部分を”rectangle”に書き換えて、
サイトに貼るようにしましょう。

アドセンス報酬額が下がるようでしたら、
元々使っていたサイズの広告に戻してくださいね。
とりあえずは一週間ぐらい様子を見てみましょう!

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

サイト運営者情報

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です