エックスサーバーからwpXクラウドのサーバー移転方法!初心者編!

先日エックスサーバーから
wpXクラウドへとサーバー移転を行ったので、
移転方法をわかりやすく掲載しておこうと思います。

作業自体はそれほど難しくはないのですが、
初心者にとっては敷居が高いので、
一度やり方を確認してみてください。

サーバー移転を決意したきっかけ!

 

私は半年近くエックスサーバーのx10プランで
トレンドブログを運営していたのですが、先月の終わりぐらいから
サーバーエラー500が頻発するようになってしまいました。

 

こちらの記事を読んでもらえばわかるのですが、
アクセスが集中しすぎてサーバーに負荷がかかっているのが原因です。

サーバーエラー500の原因と解決方法は?プラン変更で対処!

 

来月からx20プランに引き上げるのですが、
どうせだったらトレンドブログに最適であるwpXクラウドを試してみたい!
ということで、4つあるブログの1つをサーバー移転させることにしました。

トレンドブログはエックスサーバーが人気?wpXクラウドと比較!

 

丸2日間四苦八苦しながら何とか移転が完了したので、
そのやり方を初心者にもわかりやすく残しておこうと思います!

 

サーバー移転の方法について!

 

サーバー移転未経験の方にとっては難しい作業になるので、
やり方や作業の流れをしっかりと抑えておきましょう。
主な流れは次のようになっています。

 

1.wpXクラウドを契約する。

2.エックスサーバーのDBをエクスポートする。

3.エックスサーバーのサーバー上のデータをバックアップする。

4.wpXクラウドでドメイン設定とWordpressのインストールをする。

5.wpXクラウドにDBをインポートする。

6.wpXクラウドにサーバー上のデータをアップロードする。

7.動作確認をする。

8.ネームサーバを切り替える。

 

サーバー移転未経験者からしてみれば何が何だか分からないと思います。
私も最初は全く意味がわかりませんでしたが、手順通りの方法で進めていけば、
サーバー移転は問題なく完了します。詳しいやり方を画像付きで説明していきます。

 

0

まずはwpXクラウドを契約するので、
お申し込みをクリックして、必要な情報を記入します。

 

1

登録が完了するとサーバーの管理画面にアクセスできるようになります。

ところが、現在サーバーの設定準備中ですと
表示されている間は何も作業ができません。

私の場合は4~5時間ぐらいは掛かったので、
この時間内に他の作業を済ませてしまいましょう。

 

2

まずはエックスサーバーのDTのエクスポートです。
管理画面にアクセスしてもらい、上記のphpmyadminをクリックしてもらいます。

 

3

するとユーザー名とパスワードの入力画面になるのですが、
私はここがわからないで1時間ぐらい迷い続けました。

ユーザー名とパスワードを知るためには、
FTPツールを使用してサーバー上のデータにアクセスします。

 

4

public_htmlの中に、wp-config_phpというデータがあるのですが、
そこにアクセスすると、上記のように
データベースのユーザー名とパスワードが出てきます。

それを先ほどの入力欄に入れることにより、
データベースにアクセスできるようになります。

 

5

データベースでは、information_schemaではない方を選択し、
エクスポートをクリックします。

 

6

エクスポートする際には、
上記3つにチェックが入っているかを確認してください。

 

7

チェックが終わったら、ファイルに保存するにチェックを入れて、
エクスポートを実行します。これでエクスポートは完了です!

 

8

次はFTPツールを使用して、
エックスサーバーのサーバー上のデータをバックアップします。
wp-contentとhtaccessの2つのデータをバックアップしてください。

この際、要領が大きすぎるとエラーになる可能性もありますので、
一気にダウンロードするよりも、一つ一つ確実にダウンロードした方が安全です。
これが終われば、エックスサーバーでの作業は終了になります。

 

1

エクスポートやバックアップが終了したら、
サーバーの設定準備が終わっている頃だと思います。
まずはドメインの追加設定を先に済ませましょう。

 

10

ドメインの追加では、他社管理のドメインを追加するをクリックします。

 

11

認証方法に関しては、Web認証がお勧めです。
Whois認証だとこの時点でサーバーが切り替わってしまうので、
それ以外の方法を選びましょう。

 

12

Web認証ではファイルをダウンロードして、
そのファイルをFTPツールを使い、piblic_htmlの中にアップロードします。

それが終わるとドメインが追加されるので、
次はWordPressのインストールに移りましょう。

 

2

新規インストールをクリックします。

 

3

追加したドメインを選択して、次に進むをクリックしてください。

 

4

問題なければ、確定をクリックしましょう。

 

5

これでWordPressのインストールは完了です。

 

13

ドメインの追加とWordPressのインストールが終わったら、
htaccessを編集します。

 

14

エックスサーバーでバックアップをとったhtaccessのデータにある、
# BEGIN WordPressから# END WordPressまでを全てコピーして、
この画面にそのまま貼り付けます。その後は設定を保存して完了です。

 

15

次はエックサーバーでエクスポートしたデータを、
wpXクラウドにインポートさせるので、phpMyAdminをクリックしてください。

 

16

まずはデータベースを一旦全て空にするので、
全てにチェックを入れてから、データを削除します。

 

17

データベースの中が空になったら、インポートします。
まずはエックスサーバーのデータベースで、エクスポートしたファイルを選択。
ファイルの文字セットがutf8に設定されていることを確認し、実行してください。

 

18

続いてサーバー上のデータをFTPツールを使用して書き換えます。
先ほどエックスサーバーでバックアップしたwp-contentの中身を、
全てwpXのサーバーに上書き保存してください。

バックアップと同じで容量が膨大だとエラーが起こる可能性もあるので、
一つずつ確実にアップロードさせていきましょう。
それが終了したら、最後の動作確認に入ります。

 

20

動作確認はhostsファイルというデータを使用するのですが、
まずはメモ帳を右クリックして、管理者として実行で開きます。

その後、ファイル→開く→ファイル名→
C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
と入力してもらうと、hosts編集画面に移ります。

そこで最後の行に
wpXクラウドのIpアドレス・半角スペース・サイトのドメイン
と、上記の画像のように入力して上書き保存します。

これで自分のパソコンからサイトにアクセスすると、
新サーバーに切り替わった状態のサイトを見ることができます。
ここでエラーなどもなく、サイトの表示に問題がなければ、
hostsファイルの設定を元に戻してください。

 

19

そしてこれが最後の作業になるのですが、ドメインのネームサーバを、
エックスサーバーからwpXクラウドに切り替えて、サーバー移転は完了です!

 

サーバーが新サーバーに移行するまでは数日間の時間が掛かるので、
アクセスした人によってはエックスサーバーのサイトが
表示されたりという不具合が起こる可能性があります。

その為、1周間ぐらいは両方のサーバーで運営しておき、
データが完全に移行したと思ったらサーバーを解約するようにしましょう。

 

まとめ!

以上がサーバー移転の主な流れになります。
一度経験してしまえば意外と簡単かもしれませんが、
初めての人にとってはかなり難しい作業だと思います。

少し作業を間違えたりエラーが発生したりすると厄介ですから、
万が一に備えて、バックアップは必ず保存しておくよう心がけてください。

エクスポートとインポートを使った記事移転の方法はこちらをどうぞ!

WordPress(ワードプレス)の記事移転方法は?引越し手順を解説!

管理人情報!

わいえふけー代表28歳。HP制作、Web集客、アフィリエイト、コンサルタント業務、セミナー主催、輸入ビジネスなどを、夫婦二人で行っている。『妻カナ』『愛犬マロン』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です