ネットビジネス(個人事業主)で融資は可能?お金を借りる方法!

どうもこんにちは。ユウです。

個人事業でネットビジネスに
取り組んでいる人は多いですが、
融資を受けたことのある人は少ないと思います。

ほとんどのビジネスでは初期投資が掛かるので、
事業資金調達の為にお金を借りる必要がありますが、
ネットビジネスでは経費が掛かりませんからね。

そこで今回は、ネットビジネスで
融資を受ける為の手段について書いていきます。

ネットビジネスで融資は受けられる?

 

個人事業を開始して約1年3ヶ月。
本日初めて融資の相談窓口へ行きました。

 

通常のビジネスであれば、
膨大な初期投資が必要となるので、
まず最初に自己資金を作ったり、
銀行からお金を借りる必要があります。

 

しかし、ネットビジネスの場合、
初期投資も掛からなければ
運営の為の軽費も掛からないので、
融資を受けようとする人は少ないでしょう。

 

そもそも、

『お金を借りる=借金=悪いこと』

だと思っていたので、
融資を受けようだなんて考えませんでした。

 

ところが、お世話になっている経営者の方と
お金の勉強をしていくうちに、

『生産性のある借金は良いことである!』

という風に気付かされました。

 

この記事では詳しくは書きませんが、
融資を受けると節税対策にもなりますからね。

 

ネットビジネスは経費が掛からないと言っても、
広告を打ち出すためにお金が必要だったり、
パソコンなどの備品を買い揃える必要があったり、
何かとお金が必要となる場面が出てくると思います。

 

そんな時、もちろん融資を受けることは可能です。

 

お金を借りるにはどうしたらよいのか?

 

お金の借りる機関と言えば、
銀行・消費者金融・ヤミ金(笑)等、
主にこの3つが思い浮かぶと思います。

 

個人事業主に一番お勧めなのは、
『国』が運営する金融機関である、
『日本政策金融公庫』から融資を受ける方法です。

 

この機関は、独立を志す個人事業主を
支援する為に国が設立した機関で、
法人でも個人事業主でも、
誰でも融資を受けることが可能です。

 

ザックリ言うと、起業に挑戦して、
経済を発展させようとする人を応援しよう!
という感じの機関です 笑。

 

無担保で融資を受けることが可能で、
金利も2%~3%とかなり低くなっています。
(融資にも色々な種類があるので一概には言えません。
無担保でお金を借りられる条件としては、
融資額の10%程の自己資金があることが条件です。)

 

具体的に融資を受ける手順は以下の通り。

 

1.書類を提出。
 ・借入申込書・・・融資額や資金の使い道についてなど。
 ・創業計画書・・・創業の動機や略歴、取り扱い商品など。

2.面談。
 ・書類提出後約一週間で担当者が決まり面談をする。
 ・返済計画や資金の使い道に問題がないかを確認。

3.融資額が振り込まれる。
 ・面談の約2~3週間で融資の可否が決定する。

 

書類を提出し、面談をして、問題がなければ振り込まれる。
という簡単な3ステップで融資を受けることが可能です。

 

融資に興味のある方は日本政策金融公庫のHPを
チェックしてみてください。

『日本政策金融公庫』

https://www.jfc.go.jp/

 

相談ももちろん無料ですし、
丁寧に対応してくださるので
一度窓口へ訪問してみると良いと思います☆

 

まとめ!

ネットビジネスを本業としている方で、
融資を受けようとする人は少ないでしょうが、
いずれ大きな投資が必要な時期が来るかもしれません。

そういった時の為にも、
このような機関があることを覚えておくと良いと思います。

いざ融資を受けようと思って、消費者金融から
お金を借りてしまっては勿体無いですからね^^;

具体的な融資の注意点については
こちらの記事を御覧ください!

自営業で融資を初めて受ける場合の注意点!審査のポイントとは?

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。