新婚生活が楽しくない?つまらない人生に刺激を与える方法!

どうもこんにちは。ユウです。

新婚生活を始めて半年以上が経ちましたが、
相変わらず楽しい日々を過ごしております。

しかし、結婚生活が思った以上に楽しくない!
こんなつまらない人生嫌だ!
そう思っている夫婦も多いのでは?

そんな人生に刺激を与えて、
生活を楽しくする方法を考えてみました。

なぜ新婚生活が楽しくないのか?

『ついに…ついにこれから
幸せいっぱいな新婚生活が始まる!』

 

と、期待に胸を膨らませて結婚したにも関わらず、

 

『こんなはずではなかった!!』

『なんでこんなに息苦しいんだ!?』

 

と、理想と現実のギャップに悩まされ、
早くも結婚生活が破綻寸前の家庭もあるはずです。

 

幸せにあふれて新婚生活を始めたのに、
なぜ結婚生活が破れたのでしょうか?

 

その理由とは、
恋愛相手と結婚相手は同じであっても、
恋人時代と夫婦になった時とでは、
2人の関係に変化が生じたからです。

 

ここでA氏とB夫人という
架空の人物を挙げて説明します。

 

A氏とB夫人の日常!

サラリーマンのA氏と元OLのB夫人は、
華やかな結婚式を終え、結婚生活も幸せなものに
なるだろうと考えていました。

 

しかし、浮かれ気分の結婚式を挙げ、
甘いハネムーンから帰ってくると、
お互い地味な家庭生活が始まります。

 

B婦人は仕事を辞めて専業主婦になった為、
炊事・洗濯・掃除と毎日が同じことの繰り返しです。

 

やがて子どもが生まれると、
子育てに追われる忙しい日々が待っていました。

 

一方でA氏は、結婚しても子どもが生まれても、
それまで通り仕事を続けています。

 

仕事上の付き合いがあるので、
夜は同僚との飲み会で遅く帰り、
休日は接待ゴルフに行き、
家族サービスをする時間はありません。

 

最近では男女平等社会になっていますが、
2人は『男は仕事、女は家庭』という
性別役割分業を徹底しており、
その体系がさらに息を詰まらせます。

 

そのうち日々の忙しさに追われ、
恋人時代の燃え上がるような恋心は
しだいに薄れていったのです。

 

さらに恋人時代にはわからなかった、
お互いの嫌な部分も見えてきて、
段々と不満も募るようになってきます。

 

『もうこれ以上は限界だ…。』
『離婚しよう…。』

 

こうして、離婚届に判を押す、
という結果に陥ってしまいました。

 

何とも暗くて憂鬱になる展開ですが(笑)、
これが、結婚生活が破綻する夫婦の、
典型的なパターンの一つだと言えるでしょう。

 

よく結婚式と結婚生活は混同されますが、
実際は全くの別物なのです。

 

夫婦のスタートが結婚式という、
幸せいっぱいの場面から始まるので、
地味な結婚生活とのギャップに、
不満を感じる人も多いでしょうね。

 

新婚生活を楽しくする為には?

さて、それでは地味な新婚生活に刺激を与えて、
人生を楽しくする方法を考えてみました。

 

①夫婦で仕事と家事の役割を分けない。

 

我が夫婦は仕事と家事で役割を分けていません。
私も家事をしますし、嫁も仕事をします。
完全に半々というわけではありませんが、
7対3ぐらいの割合でしょうか。

 

たまに私が家事をしていると、
遊びに来た友人から、

『良い旦那さんね。』

と言われることがありますが、
正直私には理解できません 笑。

 

なぜならば、
嫁が家事をどれだけしていても、

『良いお嫁さんね。』

と嫁が褒められることはあまりないからです。

 

つまり、

『嫁は家事をするのは当たり前』
『旦那が家事をするのは珍しい』

という考えが、世間一般的という意味です。

 

確かに性別役割分業は
昔から根強く残っていますが、
今と昔では時代が違います。

 

現代は女性の社会進出は当然ですし、
であれば旦那も家事をすべきでしょう。

 

『嫁が家事をしてくれて当たり前』
『旦那が仕事をしてくれて当たり前』

そう考えるのではなく、
常に相手に感謝の気持ちを持ち続けることが、
結婚生活を長持ちさせる秘訣だと思います。

 

試しに、二人共同で仕事も家事も
してみるのも良いのではないでしょうか?

 

②お互いを尊重し合う。

 

『はいはい。
何か綺麗事のようなこと言ってるよ!』

という意見も聞こえてきそうですが(笑)、
尊重し合うというのは、
夫婦生活を長く続ける上では必須です。

 

例えば、私たちは相手のやりたいことを
否定するということはまずしません。

 

私は自営業をしていますが、
何か新しいビジネスを始めるとなれば、
嫁はいつも応援してくれます。

 

また、嫁が、

『Youtuberを始める!』

『海外留学に行く!』

ということを言っても、
私が否定することはありません。

 

夫婦というのは二人で一人です。
しかし、お互いに別々のやりたいことがある場合は、
それを尊重し応援してあげれば良いでしょう。

 

『旦那にはこうなってほしい!』

『嫁にはこうあってほしい!』

 

もちろん人それぞれ考えはあるかもしれませんが、
それはあなたの考え方であって、
相手に強制させる必要はないと思います。

 

夫婦であっても、相手には相手の人生があるのです。
もちろん、あまりにも理解しがたいことを
受け入れる必要はありませんが、
最初から否定するのは良くありません。

 

何かあれば、話し合いをして、
お互いの意見を尊重し合うようにしましょう。

 

③夫婦別々でお金を管理する。

 

夫婦間の揉め事で多いことと言えば、
お金に関する使い方だと思います。

 

結婚すると、銀行口座を夫婦で一つに
する場合がほとんどでしょう。

 

しかし、現代では夫婦別々で
お金の管理をしている家庭も多いです。

 

これを事業部制夫婦と言います。

 

事業部制夫婦とは、
自分で稼いだお金は
自分で管理するという制度です。

 

夫婦を一つの会社として見た場合、
夫事業部、妻事業部があり、
それぞれの事業部で得た収入の一部を上納金として、
家計本部に収めるというやり方になっています。

 

つまり、家賃や公共料金などは家計本部から、
個人の残りの収入は、趣味などに使用し、
それぞれで資産運用をするのです。

 

夫の稼いだお金を妻が家計でやりくりする
という昔からのやり方ではなく、
家計費以外のお金は稼いだ本人が自由に使えます。

 

きっちり折半にする必要はないので、
稼ぎの比率に応じて上納金を決めることで、
夫婦で平等感を生まれるでしょう。

 

旦那が稼いだお金を嫁がやりくりする
というやり方ではないので、
女性にとっても自立心が芽生えると思います。

 

そして何より、自分で稼いだお金を
自分で使えるのは大きなメリットです。

 

我が家もここまで本格的ではないですが、
私の口座と嫁の口座を二つに分けています。

 

嫁は私が教えたパソコンを使った仕事で
自宅にいながら累計120万以上を稼いでいるので、
それを自分の口座に貯めているようです 笑。

 

自分で自由に使えるお金が増えると、
趣味に費やせる時間も増えるので、
人生も楽しくなると思いますよ☆

 

こちらの記事では、インターネットビジネスの解説や、
稼ぎ方の手順を詳しくまとめてあります!

Googleアドセンスのやり方とは?トレンドブログの作り方まとめ!

 

まとめ!

以上3つが、私が考える
新婚生活を楽しく送るための方法でした!

理想と現実のギャップに不満を
感じているかもしれませんが、
考え方や工夫次第で、
結婚生活はいくらでも楽しくなりますよ。

現代はパソコン一台あれば
自宅でお金を稼ぐことが可能です。

自立してお金を稼げるようになると、
普段の生活にも刺激が与えられるでしょう。

具体的な方法は以下のメール講座で
無料で勉強できるので、
興味のある人は実際に稼いでみてくださいね☆

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。