価値観が合わない人と結婚できる?夫婦の在り方を考えてみた!

どうもこんにちは。ユウです( ´ ▽ ` )ノ
今から1ヶ月ほど前の話になります。
学生時代の友人から久しぶりの連絡があり、
一緒に食事に行きました。

友人は僕と同い年の女性なのですが、
ハーフ系の顔立ちで、
芸能人の加藤ローサにそっくりです。

同級生からは『加藤さん』とか、
『ローサさん』とか呼ばれています。
そんなローサさんから、深刻な相談を受けました・・・。

ローサさんの深刻な悩みとは?

ローサさんは現在、
付き合って5年目の婚約者がおり、
入籍日も決まっています。

まさに幸せの絶頂・・・のはずが、
結婚する上で心配な点が一つあります。
それが、婚約者との価値観の違いです。

ローサさんは、大手の銀行員ですが、
ファイナンシャルプランナーの資格を活かして、
そろそろ独立したいと考えています。
将来的には、旦那さんと一緒に
会社を経営できたら嬉しいと話していました。

一方お相手の男性は、地方公務員です。
元々安定志向が強かったようで、
大学時代にガッツリ勉強して、公務員になりました。
彼は独立や起業には乗り気ではありません。
というより、全く興味がないらしいです。

当然、彼のことは愛しています。
しかし、ここまで価値観の違う二人が、
結婚して上手くいくのかどうか?

結婚後に価値観が合わなくて
離婚するのも嫌だし・・・。

と、強い不安を感じたそうで、
同年代の既婚者である僕に相談してきました。

いわゆる、マリッジブルーというやつですね。

先月も、友人の女性が結婚したのですが、
彼女も旦那さんと上手くやっていけるのか、
かなり不安に感じていました。

特に女性は環境が大きく変わるので、
男性よりもナイーブになりやすいのだと思います。

ちなみに妻に聞いたら、

カナ
マリッジブルーなんて、
私には無縁の存在だったからわからん。

だそうです。
人によります。

価値観の違いはどうすれば良いのか?

価値観の違いという点で悩みを持っている人は、
ローサさんに限らず、結構多いです。

例えば、

友人A
自分のやっている仕事のことを、
彼女が理解してくれない。

とか、

友人B
彼氏は仕事が一番大事みたい。
もっと私にも構って欲しい!

とか、こんな話は友人からも良く聞きます。

メール講座の読者さんに対するアンケートでも、
過去にこんな悩みをもらったことがありました。

みんなそれぞれ悩みは違いますが、
価値観を相手にわかってもらえないという点では、
共通しています。

飽くまでも僕の考えではありますが、
人とのコミュニケーションにおいて、
『これだけは絶対にやっちゃいけない!』
と思っていることが2つあります。

それが、

・相手の価値観を否定すること。
・自分の価値観を押し付けること。

です。

人はそれぞれ考え方が違う!

先日、姉と飲みに行ったのですが、
その時にこんなことを言われました。

私は、ユウみたいに独立して働こうとは思わないわ。
今いる会社も仕事も楽しいし、
安定した暮らしの方が好きだもの。
将来はイケメン男性と結婚して、
専業主婦になりたいわ。

僕の考え方とは全く違いますが、
姉は何も間違ったことは言っていません。
会社員として働くことや、安定した暮らしを求めることや、
専業主婦に憧れることは、本人の価値観の問題だからです。

ところが、ここで僕が姉にこんなことを言ったとしましょう。

ユウ
いやいや。姉さんの言っていることは間違っているよ!
今は女性も独立して働く時代だから、
会社なんかとっとと辞めて、自分のビジネスを持てば?
安定した暮らしなんかより、よっぽど刺激的で楽しいよ。
何なら俺がビジネスのやり方教えてあげよう!

かなり極端な事例ですが、実際に姉は独立して、
会社員時代とは比べものにならない収入を得たとします。
しかし、それで姉が幸せになれるとは限りません。

現時点で姉が幸せだと感じる基準は、
『イケメン男性と結婚して安定的に暮らす』ことであり、

『起業してバリバリ働く』ことではないからです。

心の中では、

ユウ
姉さん、悪いことは言わない。
イケメンとの結婚は諦めた方が賢明だよ。

と思っていましたが、
今後の兄弟仲のことを考えると、
そんなことは口が裂けても言えませんでした。

話は変わりますが、
あなたはどんなタイプの異性が好きですか?

容姿や性格など、あなたの求める好みの異性を、
ちょっと思い浮かべてみてください( ´ ▽ ` )ノ

・・・

・・・・・

・・・・・・・

さて、ここで僕が、

ユウ
あなたの理想の異性は、全然魅力的じゃないですね!
すらっとしたモデル体型で、
優しくて癒し系の人こそが最高だと思います。
だからあなたも、そんな人間を好きになるべきですよ!

なんて言ったら、
『いやいやいや、あなたの好みを押し付けないでくれ!』
って思いますよね?

価値観の基準もこれと一緒です。

人はそれぞれ、好きな異性のタイプ、好きな食べ物、
好きなスポーツが違うように、価値観も違います。

仕事を人生に捧げることが生きがいの人もいれば、
パートナーと田舎でゆっくり暮らすのが理想な人もいる。

どういう生き方をしたいのか?
どんな時に喜びを感じるのか?
何を一番大切にしているのか?

『性格』『考え方』『幸せを感じる基準』など、
一人一人異なります。

だからこそ、相手の価値観を否定したり、
自分の価値観を押し付けることは、
全くもって意味がありません。

それは、相手の好きな異性のタイプを否定して、
自分の好きな異性のタイプを押し付けるのと、
何ら変わらない行為だからです。

『きちんと勉強して、良い大学へ入って、
一流の企業へ就職するんだぞ!』

と、親が自分の価値観を
子どもに強制する光景を目にしますが、
これほど可哀想なことはないと思います。

価値観に正しいも間違いもありません。

『世の中には、
こういう考えの人もいるんだな。
でも、自分はこう思う。』

と、相手の価値観を尊重しながらも、
自分の軸を持つことが大事だと思います。

具体的な解決策とは?

さてさて、ローサさんのお悩み相談に話を戻します。

ローサさんは独立願望が強いので、会社を立ち上げたい。
婚約者さんは安定志向が強いので、公務員として働きたい。

この場合、無理にどちらか片方に合わせないで、
ローサさんは独立して、婚約者さんは公務員を続ければ、
それで良いんじゃないかな〜と思います。

婚約者さんが安定志向だからといって、
ローサさんが銀行員を続けることもないです。
婚約者さんもまた、ローサさんと一緒に
無理に会社を立ち上げることはありません。

自論ですが、夫婦だからといって、
どちらか一方の価値観に合わせる必要はないです。
むしろ、お互いの価値観を尊重し合いながら、
二人で歩んでいくことの方が、よっぽど大切だと思います。

妻は結婚した時、

カナ
私は好きな人の専業主婦になるのが、
ずーっと昔からの夢だった!
あとは自分の好きなことしてお小遣いを稼いで、
ほのぼの暮らせればそれで幸せ!

と言っていました。
僕は妻の生き方を否定しませんし、
そういう人生も素敵だと思います。

仮に考え方が、

カナ
やっぱり今の時代は女性でもバリバリ働かないと!
だから会社を作ることにしたわ!

と変わったとしても、口出しすることはないです。
妻の人生なので、好きに生きて欲しいと思います。

妻もまた、僕のやりたいことは
全て自由にやらせてくれるので、非常にありがたいです。

昔、親に言われたことで、
すごく印象に残っていることがあります。

人間は一人一人考え方が違って当たり前。
本当にその人のことを大切に思っているなら、
相手の考えを尊重してあげることが大事だよ。
by.親

当時反抗期真っ最中だった僕は
全く聞く耳を持ちませんでしたが(笑)、
今思い返してみれば、
凄く大事なことを言っていたんだな〜と思います。

家族であれ、友人であれ、
仕事仲間であれ、
パートナーであれ、
お互いに尊重し合って生きることが大事なんでしょうね。

本音の話をします!

すんごい良い感じで話をまとめましたが、
今まで言ってきたことは全部、

理想論

です。

人と人とはお互いに尊重し合って生きるのが大事!
とは言いましたが、
口で言うほど簡単ではありません。

現実問題、周りを見渡しても、
親にやりたいことを否定されて絶縁したり、
友人と考え方の違いで大喧嘩したり、
パートナーとの価値観が合わないで破局したり、
なんてことはしょっちゅう起こっています。

ただ、僕が思うに、
絶縁しようが喧嘩しようが破局しようが、

大事なのはきちんと相手と話し合うことです。

自分の価値観を押さえ込んで生きるぐらいなら、
関係が気まずくなろうとも、お互いの考え方について、
しっかり話し合った方が良いと思います。

そこで関係が崩壊したら、
その相手とは相性が合わなかったというだけですから。

価値観や考え方が違っても、
お互いのことを受け入れて尊重し合える人こそが、
本当の意味での良い友人や、
良いパートナーになるんじゃないかな〜と思います。

そういう人をずっと大切にしたいですし、
僕自身もそういう人になりたいですね。

ローサさんのその後!

今から1ヶ月前に
深い悩みを抱えていたローサさん。
先日、連絡がありました。

もしもこれで婚約破棄になったら、
果たしてどんな言葉をかければ良いのか?
と、妻と一緒に真剣に考えていたわけです。

完全にいらぬ心配でした。
マリッジブルーどこいったの。
そんなわけで、ネタにさせていただきました。

何はともあれ、ローサさん、旦那さん、
ご結婚おめでとうございます☆

そういえば、学生時代に貸した『るろうに剣心』全巻、
そろそろ読み返したいので、返してくれるとありがたいです。

ではでは、末長くお幸せに!

結論:価値観は人それぞれ違うから、
否定したり押し付けることはしないで、
尊重し合うことが大事だと僕は思います。
あと、マリッジブルーはそのうち治ります。

前回までの講義内容!

・前回の講座内容
⇒ 目標が達成できるかどうかは○○で決まる!

・前々回の講座内容
⇒ ついに・・・宝くじに当たりました!

・ご意見やご感想はLINE@からどうぞ!
特別マニュアルプレゼント中!

最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございました☆

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。