時間とお金はどちらが大切か?時は金なりの意味について!

どうもユウです( ´ ▽ ` )ノ
今年に入ってから、
よく時間をお金で買うようになりました。

外注さんを雇って、記事を書いてもらったり、
タクシーに乗って、移動時間を減らしたり、
時間って凄く貴重です。

今回は、時間とお金の重要性や関係性、
時は金なりの意味をまとめてみました!

時間はお金と同じぐらい大切!

いきなりですが、
あなたはこの言葉をご存知でしょうか?

『Time is money』

『タイムイズマネー〜時は金なり〜』です!

ベンジャミンフランクリンの言葉で、
『時間はお金と同じぐらい大事だから、
決して無駄にしてはいけないよ!』という意味です。

ちょっとこんな場面を想像してみてください。

A子さんは時給1,000円のパートで働いている、
節約が大好きな専業主婦さんです。

今日もできるだけ安く食材を揃えようと、
意気揚々と買い物に出かけました。

5分先のスーパーAでは、ニンジンが1本100円。
35分先のスーパーBでは、ニンジンが1本50円。

マスタA子
スーパーBではニンジンが50円!
これは節約大好き人間A子の血が騒ぐわ!
35分かけてスーパーBへニンジンを買いに行きましょう!

この場合、A子さんは50円得すると思いがちですが、
時間で考えると30分損しています。

A子さんは時給1,000円のパートで働いているので、
彼女の30分には500円の価値があります。
つまり、お金で考えても450円損しているのです。

スーパーBの方が1万円得をする!ぐらいであれば、
A子さんは35分かける価値はあるかもしれません。
しかし、わずか50円のために35分かけるのは、
時間もお金も非常に勿体無いということですね。

仕事をする場合は時給を意識すべき!

時間はお金と同じぐらい大事である。
だからこそ、自分の時間には、
どれぐらいの価値があるかを意識しないといけません。

独立した時に、
経営者の先輩から言われたことがあります。

先輩
作業をする時は、
時給を意識しないとダメだよ!
自分の時間の価値を、
高めていく必要があるからね。

サラリーマンは働いた時間に対してお給料が払われますが、
自営業者は自分の裁量によって収入が変わります。
つまり、できるだけ少ない労働時間で、
大きな金額を作り出すことが大切なんです。

ここで3人の収入パターンを見てみましょう!

サラリーマンのAさんは、会社から月収50万円をもらっています。
完全週休2日制、1日8時間労働なので、月の労働時間は約160時間です。
時給に換算すると、およそ3,125円です。

自営業者のBさんは、月収135万円を稼いでいます。
休みなく毎日18時間働いているので、月の労働時間は約540時間です。
時給に換算すると、およそ2,000円です。

自営業者のCさんは、月収20万円を稼いでいます。
3日に1時間しか働かないので、月の労働時間は約10時間です。
時給に換算すると、およそ10,000円です。

収入で考えれば、月収135万円を稼いでいるBさんが一番多いです。
しかし、実際は毎日18時間休みなく働いています。
時給に換算すると2,000円と、サラリーマンのAさんより低いです。

一方でCさんの月収は20万円と、少なく思えます。
しかし、月の労働時間はわずか10時間。
時給に換算すると、なんと10,000円にもなります。

この3人の中であれば、
時間の価値が最も高いのはCさんです。ドヤッ!

時間はお金で買える!

時給を高める方法の一つに、
人を雇って自分の代わりに働いてもらう方法があります。

1日8時間働く場合、自分1人では8時間の仕事量しかできません。
しかし、5人の人間を雇った場合、同じ8時間でも、
6倍となる48時間分の仕事量がこなせるようになります。

1人雇うのに20万円掛かったとしても、
50万円分の働きをしてくれれば、利益は30万円です。
自分の時間を使うことなく、時間の価値が高められます。

では、具体例を見てみましょう。

Dさんは一人でブログを運営しており、毎月80万円の売り上げがあります。
労働時間は月に200時間なので、時給は4,000円です。
しかし、一人では限界があると感じて、外注さんを5人雇うことにしました。

外注さんを雇ったことで、毎月の売り上げは100万円にアップです。
5人の外注さんに40万円を渡している為、手元には60万円が残ります。
労働時間は月に100時間に減り、時給は6,000円に上がりました。

極端な例ではありますが、Dさんのように、
外注さんを雇って作業を任せることで、
自分の時間を確保することができます。

最初は外注さんを育てなければならないので大変ですし、
ブログの売り上げも少ないので赤字になる可能性が高いです。

しかし、長期的に見た場合、
やはり外注さんを雇った方がメリットがあります。
自分の時間を確保できる上に、収入が増えるからです。

Dさんの場合、浮いた100時間を自由に使えます。
もしもその100時間をビジネスに使うのであれば、
更に収入を増やすこともできるわけです。

最後にまとめ!

時間とお金はどちらも大切です。

それにも関わらず、電車賃を節約するために歩いたり、
家賃が安いからと言って職場から離れた場所に住んだり、
節約しているつもりでも、損をしていることもあります。

仕事をする場合には、時給を意識して、
自分の時間の価値を高めてみてください。

『Time is money〜時は金なり〜』
ぜひ、一緒に意識していきましょう。

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。