WordPressのブログをSSL化させる方法!やり方をまとめてみた!

どうもユウです( ´ ▽ ` )ノ
今回は、WordPressのブログを、
SSL化させる方法をまとめてみました!

エックスサーバー、wpXクラウド、FUTOKAサーバー、
それぞれのやり方を書いています。
この3つのサーバーを使っている場合には、
ぜひ参考にしてみてください☆

WordPressブログをSSL化とは?

先日、友人のブロガーさんとスカイプをしていて、
『WordPressブログはSSL化した方が良いよ!
SSL化させると上位表示されやすくなるから!』
とのアドバイスをいただきました。

カナ
SSL化ってなんだろな?

という方へ、物凄くざっくり説明いたします。

通常、ブログのURLは『http』から始まるのですが、
SSL化を行うと、URLが『https』から始まるんです。


これが・・・


こう変わります!

httpsを使用することで、
ブログのセキュリティが強化されるので、
読者が安全にブログを閲覧できるようなります。

Googleさん
このブログはSSL化されているから、
ブログ読者さんにも安心だな!

と、Googleからも判断されるので、上位表示されやすくなります。
SEO的にも効果があるので、SSL化は積極的に行った方が良いでしょう。

WordPressブログをSSL化ってどうやるの?

SSL化の手順は、使用しているサーバーによって若干異なります。
どのサーバーも、大体手順は次の通りです。

1.バックアップをとります!
2.サーバー側でSSL化の作業をします!
3.ブログのリンクを書き換えます!
4.リダイレクト設定をします!

僕は面倒なことに、

・エックスサーバー
・wpXクラウドサーバー
・FUTOKAサーバー

という3つのサーバーを使っていたので、
それぞれのサーバー毎に、手順を説明をしていきますね。

エックスサーバーのSSL化の手順!

まずは①のバックアップ作業です。

こういった大きな作業をする場合には、
必ずWordPressのバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取っておけば、
万が一何らかのアクシデントが起きた場合に、
元に戻すことができます。

RPGゲームで大きなイベントの前に、
念のためにセーブをしておくようなものだと思ってください。

バックアップは『BackWPup』というプラグインを使用するので、
インストールして有効化をしてください。

WordPressのバックアップには2種類あります。

・データベースのバックアップ・・・記事など
・データファイルのバックアップ・・・画像など

この両方をバックアップする必要があるので、
今後何か作業をする時の為にも覚えておきましょう。

『BackWPup』の【ダッシュボード】をクリックし、その後、
【データベースのバックアップをダウンロード】をクリックします。
これで、データベースのダウンロードは完了です。
次はデータファイルをダウンロードしていきます。

『BackWPup』の【新規ジョブを追加】をクリックしましょう。
『バックアップファイルの保存方法』で
【フォルダーへバックアップ】にチェックを入れて、
【変更を保存】をクリックしてください。

【今すぐ実行】をクリックします。

100%の表示が出たら完了です。

『BackWPup』の【ジョブ】をクリックしましょう。
【ダウンロード】をクリックすると、
データファイルがダウンロードできます。
これで、バックアップ作業は完了です。

次に②のSSL化の作業をしていきましょう。

エックサーバーの『サーバーパネル』から、
IDとパスワードを入力し、【ログイン】をクリックします。

【SSL設定】をクリックしてください。

ドメインが表示されるので、
SSL化させたいドメインを選択しましょう。
【選択する】をクリックします。

【独自SSL設定の追加】をクリックして、
【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックしてください。
これでSSL化の作業は完了です。

SSL化までに10〜20分程度の時間が必要なので、
適用されるまで待っていましょう。

③のブログのリンク書き換え作業に入ります。

SSL化させたブログのURLである、
【http】を【https】に変えてアクセスしてください。

まだ設定が済んでいない場合は、このような画面が表示されます。
この場合は、もう少し時間が経ってからアクセスしましょう。
設定が終わっている場合は、普通にアクセスができます。

『設定』の【一般】をクリックして、
『WordPressアドレス』『サイトアドレス』のURLを、
【http】から【https】へ書き換えます。

次に『Search Regex』というプラグインをインストールし、
有効化してください。このプラグインを使って、
【http】になっている内部リンクを【https】に書き換えます。

①【Search Regex】をクリック。
②画像の通りの表示になっているかをチェック。
③『Search pattern』には【http】から始まる自分のブログURLを入力。
『Replace pattern』には【https】から始まる自分のブログURLを入力。
④全て完了したら【Replace】をクリックします。

ブログ記事の【http】という文字が、全て【https】に書き換わります。
Resultsという項目に、どのように書き換わるかが表示されているので、
問題ないか?変な文字が入っていないか?などをチェックしましょう。

チェックをして問題がなければ、【Replace&Save】をクリックします。
これで、内部リンクの書き換えは完了です。

最後に、④のリダイレクト設定をします。リダイレクト設定とは、
万が一ブログに【http】でアクセスをした場合、
アクセス先を【https】に自動的に変更してくれる機能です。
念のために、リダイレクト設定も行っておきましょう。

『エックスサーバー』の【ファイルマネージャ】をクリック。
IDとパスワードを入力して、【ログイン】をクリックします。

エックスサーバーで運営しているURLが全て表示されるので、
SSL化させるブログのURLをクリックします。

【public_html】をクリックしてください。

【.htaccess】というファイルを書き換えるのですが、
万が一の時に備えて、
書き換える前のファイルをダウンロードしておきましょう。
クリックをすれば、ファイルのダウンロードができます。

こういったファイルを書き換える場合、
少しでも間違えるとWordPressが真っ白になったり、
何かしらの不具合が起こることがあります。
必ずバックアップを取ることを心がけてください。

【.htaccess】の横の四角にチェックを入れて、【編集】をクリックします。

表示されている文字の先頭に、

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

という5行のコードを追加してください。
【編集】をクリックして作業は完了です。

試しに【http】から始まるURLにアクセスをしてみてください。
アクセス後に【https】に変換されていた場合は、
リダイレクト設定が正常に済んでいるということです。

これが、エックサーバーのSSL化の手順です。
こうやって書くと面倒臭そうですが、
実際にやってみると大したことはありません。

人にもよりますが、1ブログ、
20〜30分あれば十分だと思います。

wpXクラウドのSSL化の手順!

wpXクラウドの場合、エックスサーバーよりも簡単です。
まずは、エックスサーバー同様、バックアップをとります。
次に、SSL化の作業をしていきましょう。

wpXクラウド管理画面から
【WordPress設定】をクリックしてください。

『独自SSL化設定』の【設定】をクリックします。

【独自SSL設定】をクリックした後、
【独自SSL設定の追加】をクリックしましょう。

【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリックしてください。
これでSSL化は完了です。
反映までに10〜20分程度掛かるので、少し待ちましょう。

wpXクラウドサーバーの場合、
『Search Regex』を使ったリンク書き換え作業や、
リダイレクト設定は必要ありません。
『SSL化補助機能』という、
まとめてURLを変更できる機能が付いているからです。

【SSL化補助機能】をクリックしてください。
『サイトアドレス』『投稿記事・固定ページ』
『テーマ』『リダイレクト設定』にチェックを入れると、
自動的に全ての【http】を【https】に書き換えてくれます。

な・・・なんて便利な機能!
(同じ会社なんだから、エックスサーバーにも付けて!笑)

【チェックを入れた機能を実行(確認)】をクリックして、
作業は完了です。正常にSSL化されているか、
ブログをチェックしてください。

FUTOKAサーバーのSSL化の手順!

正直、FUTOKAサーバーを使っている方は、
ごく少数だと思いますが、念のために書いておきます。

FUTOKAサーバーの場合、SSL化作業をする必要がありません。
便利なことに、最初からSSL化されているからです。

やることは、
『WordPressアドレス』『サイトアドレス』のURLを、
【http】から【https】へ書き換えること。

そして、『Search Regex』で、
ブログ内のリンクを全て【http】から【https】へ書き換えること。

これだけでOKです。念のため、
バックアップはとっておくに越したことはありません。
一番簡単でした 笑

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの設定!

Googleアナリティクスや
Googleサーチコンソールを使っている場合は、
この2つも設定をします。
まずはGoogleアナリティクスから!

Googleアナリティクスにアクセス後、
SSL化させるブログを選択し、
【設定】から【プロパティ設定】をクリックします。

『デフォルトのURL』から【https】を選択してください。
後は保存をして作業は完了です。
続いて、Googleサーチコンソールの設定!

Googleサーチコンソールにアクセスをして、
【プロパティを追加】をクリックしましょう。

SSL化させたブログを、
【https】から始まるURLで入力して、
【追加】をクリックします。

所有権の確認方法は【Googleアナリティクス】を選択し、
【確認】をクリックしてください。

『所有権が確認されました。』という表示が出れば、
作業は完了です。稀に所有権が確認できない場合があります。
その場合は、少し時間が経ってからやり直してみてください。

以上で、Googleアナリティクスと、
Googleサーチコンソールの設定は完了です!

まとめ!

ブログのSSL化とはセキュリティを強化することであり、
【http】から始まるURLが【https】へと変わります。

手順は次の通り。
1.バックアップをとります!
2.サーバー側でSSL化の作業をします!
3.ブログのリンクを書き換えます!
4.リダイレクト設定をします!

Googleアナリティクスと
Googleサーチコンソールを使っている場合は、
その2つも設定をしましょう。

バックアップだけは、忘れずにとっておいてください。
ブログが上位表示されるなど、SEO的にも効果はあるので、
これからのブログ運営は、必ずSSL化をしていきましょう!

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

わいえふけー代表29歳。WEB集客事業、HP制作事業、DRM事業、アフィリエイト事業、コンサルティング事業などを行っている。『妻カナ』『愛犬ムース』『ハムスターだいふく』の2人と2匹暮らし。