最近、胸キュンしました。

どうもユウです( ´ ▽ ` )
今日もブログを読んでいただき、
どうもありがとうございます。

先日、僕の大学時代からの
親友S君が結婚しました。
彼が結婚するまでのストーリーは、
胸がときめきます 笑

純愛ストーリー!

S君と奥さんは元々職場の同僚です。
まだ付き合う前、奥さんから初詣に誘われて、
別れ際に手紙を渡されたそうです。

『初めて会った時から
ずっと気になっていました。
あなたのことが好きです。』

電車の中で手紙を読んだS君は、
途中下車して電話で返事をし、
そのまま付き合うことに。

5年の交際期間を経て、
今月無事に入籍しました。

平成の世の中に、
こんな純愛ストーリーが存在するとは…。

これがいわゆる
『胸キュン』ってやつですね。

デジタル社会だからこそのアナログに感動!

今の時代はあらゆる物事が
デジタル化されています。

家族や友達、恋人とは、
LINEでのやり取りは当たり前。

年始の挨拶もSNSを使い、
年賀状を書かない人は多いです。

休日は家にこもって、
オンラインゲームで
遊んでいる人もいるでしょう。

デジタル化された世の中だからこそ、
アナログな手法に
感動することがあります。

手紙で告白という
古風な場面もそうです。

年明けに手書きの年賀状をもらうのも、
なんだか楽しい気分になります。

メールでお礼を言われるよりも、
直越目を見ながら感謝の気持ちを
述べられた方が嬉しいです。

メール講座の読者さんに、
手紙付きでプレゼントを送った時には、
喜んで連絡をくれる方もいました。

別にデジタルが悪いわけではありません。
ITが発達したことにより、
確実に世の中が便利になりました。

そのおかげで、
僕らがこうした仕事を
できているわけですから。

ただ、手紙や対面でのやり取りなどは、
機械やツールでは感じにくい、
人の温かみが直に伝わります。

特に僕のような、
パソコンやインターネットを
使った仕事をしている人間こそ、
こういう想いって
忘れちゃいけないな~なんて、
S君の話を聞いて思いました。

あなたも、誰か大事な人に、
感謝の手紙を送ってみるのも、
たまには良いかもしれませんよ。

PS.

久しぶりに東京に雪が降りました。
近所にこんな芸術品が…

最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございました☆

期間限定で、会社に属さずに月収50万円の収入を作るマニュアルを無料でプレゼント中♪

同時にLINE友達も募集中♪スマホでお小遣いを稼ぐマニュアルを無料プレゼント!

いま何位?人気ブログランキングはこちら!

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です