仮想通貨で250万円失う…

どうもユウです( ´ ▽ ` )
今日もブログを読んでいただき、
どうもありがとうございます。

ここ最近は右を見ても左を見ても、
どこへ行っても仮想通貨の話ばかり。

この前参加した勉強会では、
半分以上の人が仮想通貨を持っていましたし、
僕の周りにも持っている人は何人かいます。

ネット業界では、
仮想通貨系のオファーが溢れかえっていますね。

去年の話なのですが、
仮想通貨で250万円を失ったという男性から、
お話を聞きました。

仮想通貨の詐欺話!

「仮想通貨系のセミナーに行く」
 ↓
「月利30%の良い仮想通貨の投資があると誘われる」
 ↓
「お金を預ける」
 ↓
「実際は配当がない」
 ↓
「投資先にトンズラされる」

これ、よくある仮想通貨の詐欺話です。
お金を預けても実際は配当がなく、
お金だけ奪われて逃げられてしまう…
というパターン。

仮想通貨に限った話ではありませんが、
世の中には色んな詐欺が横行しています。

仮にあなたが物凄い信頼している人物から
美味しい話が来るかもしれません。

でも、信頼している人自身が
誰かに騙されている可能性があります。
一度冷静になって考えてみてくださいね。

さてさて、こういう話をすると、

「投資」=「危険」
「仮想通貨」=「悪」

みたいな、悪いイメージを持たれます。

別に、投資をするのも、仮想通貨を買うのも、
悪いことではありません。

問題は、【お金の使い方】ですね。
これ重要です!

正しいお金の使い方とは?

以前ブログやメール講座でも話したことがありますが、
投資をする場合は、事前に上限を決めておきます。

例えば、月の手取りが25万円の会社員の場合。

生活費(家賃や生活費等)
10万円

投資資金(ビジネス資金や投資等)
4万円

貯金(プライベート用貯金)
3万円

勉強代(コンサル費や教材費等)
4万円

交際費(遊びやデート費等)
2万円

プレゼント費(仕送りや贈り物等)
2万円

こんな感じで、収入が入った時点で、
お金を分けておきます。
(内訳は飽くまでも例です。)

この場合、投資に使える金額は4万円。
言い方は悪いですが、
最悪4万円は無くなっても良いと思えるお金です。

投資に絶対はありません。
株が暴落することもあれば、
FXで大損することもあれば、
仮想通貨でマイナスになることもあります。

失敗した時のリスクを考えて、
行動しないといけません。

投資が大事だからと言って、手取りが18万円なのに、
18万円を全額投資に突っ込むのは危険極まりないです。

プロの株トレーダーから学んだこと!

僕の人生で、
凄く印象に残っている出来事があります。

まだ僕が大学生だった頃、
プロの株トレーダーの方の
部屋を見る機会がありました。

▼リアルにこんな感じの部屋です▼

投資家の男性が言いました。

投資家
投資には一発逆転はあり得ない。
マイナス分を一発逆転で取り返そうと
感情的になった瞬間、必ず負ける。

例え勝ててもそれは運が良かっただけ。
長期的に見ればいつか必ずマイナスになる。

お金をただの数値だと思って、無感情で続けるしかない。
それができない人間は、投資なんてやっちゃダメだね。

10年ぐらい前の話なので、
うろ覚えではありますが、まだ大学生だった僕は、

ユウ
世の中にはこんな世界があるんだな~。

と思いながら、話を聞いていました。

プロの投資家は、数百万~数億という金額を、
一瞬で動かします。凄まじい精神力を使いますし、
あらゆる人脈を駆使し、情報収集には命を懸けています。

だからこそ投資は、
『最悪失っても良い!』と思える
金額の範囲内でやりましょう。

そうしないと、
『もっと儲けたい!』とか、
『損を取り返したい!』とか、
【感情】が生まれるからです。

無謀な人
人生一発逆転を狙い、
これに全てをかけます!

みたいに全財産をつぎ込む人も中にはいますが、
それは投資ではありません。ただのギャンブルです。

仮に大金を得ても、運が良かっただけ。
宝くじが当たったのと全く一緒なので、
そのうち破産する可能性もあります。

こちらの記事参照!
ついに・・・宝くじに当たりました!

投資をする場合は、
まずは自分自身がきちんと管理できる範囲で始める。
そして投資金額を増やしたいのであれば、
収入自体を増やす。

「お金を稼ぐ」
 ↓
「収入を分ける」
 ↓
「限られた金額の中で投資をする」
 ↓
「お金を増やす」

大事なのは、この流れですね。

あまりに仮想通貨業界が白熱しているので、
ちょっと冷静に考えてみました。

ご参考までに!

最後まで読んでいただき、
どうもありがとうございました☆

この記事が参考になったら、シェアしてもらえると嬉しいです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です