情報発信のネタを一瞬で見つける方法!【6種類の題材を紹介】

Webマーケターのユウキです( ´ ▽ ` )ノ
ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます!

・ブログを運営しているけど、すぐにネタ切れしてしまう。
・Youtubeで、どんなネタを発信すれば良いのかわからない。
・メルマガを配信しているけど、毎回ネタ探しに苦労する。

こんな悩みを抱えている場合は、当記事をご覧ください。
情報発信のネタを一瞬で見つける方法や、私が普段活用している6種類のネタを公開します。

記事の信憑性
筆者は2014年からWebマーケターとして独立をして、ブログ運営やメルマガ配信などを行ってきました。
2018年に法人成りをしてからも、現役で情報発信を続けています。

情報発信のネタが簡単に見つかるようになるので、ぜひ参考にして頂ければ嬉しいです。

はじめに – ブログに記事を投稿するまでに流れ –

次の順番で記事を読んでもらえると、「ブログの制作方法」「Webメディアの集客方法」「記事の投稿方法」がすべて身に付きます。

今回は3の「ネタ探し」について、詳しく解説させて頂きます。

情報発信のネタとは?

ユウキさん質問です!
最近、ブログ運営とメルマガ配信を始めました。
情報発信のネタが中々見つからないのですが、どんなことを発信すれば良いのでしょうか?

アシスタント
ユウキ

なるほど。
私もブログ運営やメルマガ配信を始めた時は、ネタ探しに苦労しました。
まずは、「情報発信のネタとは何か?」という、根本から学んでいきましょう。

情報発信のネタとは、内容のことです。
ブログであれば記事の内容、Youtubeであれば動画の内容、メルマガであればメールの内容。

今回の記事であれば、「情報発信のネタを見つける方法」がネタですね。

ネタは、情報発信するテーマに沿って選びます。
例えば、「カッコいい男の肉体をつくる為の筋トレの方法」というテーマで情報発信する場合、次のようなネタを発信をします。


・ベンチプレスで高重量を上げるテクニック
・腹筋を割る為のおすすめトレーニング
・体脂肪を減らす食事管理の方法
・20万円以内でホームジムをつくる方法
・3日坊主の人間が筋トレを継続する方法

「筋トレ」がテーマにも関わらず、「おすすめの家電製品ランキング」「コーヒーの美味しい入れ方」など、全く関係のない内容を発信するのは避けた方が良いです。

筋トレに家電にコーヒー…この人からは、一体何が学べるのだろう?

男性

と、混乱されてしまいます。

私の場合、大きな括りで「生き方」と「Webマーケティング」という2つの軸で情報発信しています。
それは、「個人が理想とする人生を明確化して、実現させる為にWebマーケティングを活用する」というテーマで情報発信をしているからです。

未来型マーケティングの説明

テーマに関連していれば、複数のネタを取り扱っても問題ありません。

まずは自分が「誰をターゲットに、どんなテーマで情報発信をするのか?」というコンセプトを明確にしてみてください。
コンセプトを明確化する方法は、下記の関連記事にまとめてあります。

コンセプトが明確な場合は、この先に進んで一緒にネタ探しをしていきましょう!

情報発信のネタの種類とは?

ユウキさんに言われた通り、コンセプトを明確にしました!
さっそく情報発信をしたいのですが、具体的にどんな種類のネタを発信すれば良いのでしょうか?

アシスタント
ユウキ

私の場合、ネタの種類を次の6つに分けています。

チェック
1.ノウハウ
2.マインド
3.エデュケーション
4.ブランディング
5.セールス
6.ダイアリー

これら6つの詳しい内容を、具体例や最適な発信媒体と共に紹介します。

ノウハウ

ノウハウとは、情報発信するテーマの「技術」を発信します。

先ほど例に出した、「カッコいい男の肉体をつくる為の筋トレの方法」というテーマで情報発信する場合で考えてみましょう。


・ベンチプレスで高重量を上げるテクニック
・腹筋を割る為のおすすめトレーニング
・体脂肪を減らす食事管理の方法

「トレーニングの方法」や「食事管理の方法」など、カッコいい男の肉体をつくる為の技術について発信します。

今あなたが読んでいるこの記事も、まさしくノウハウ記事です。
「情報発信のネタを見つける方法」という、Webマーケティングの技術に関するノウハウをまとめています。

最適な媒体
・ブログ
・Youtube
・メルマガ
・LINE公式アカウント

情報発信のメインコンテンツとも言えるので、どんな媒体で発信してもOKです。

マインド

マインドとは、結果を出す為の「考え方」を発信します。


・3日坊主の人間が筋トレを継続する方法
・結果を出す為の目標設定のやり方
・インターバルの活用方法

どれだけ優れた技術を持っていたとしても、本人が行動や継続しない限りは結果は出ません。

その為にも、「継続力の高め方」や「ボディメイクに成功する為の習慣作り」など、結果が出るような考え方を発信します。

最適な媒体
・ブログ
・Youtube
・SNS
・メルマガ
・LINE公式アカウント

ノウハウと同様に、どんな媒体で情報発信してもOKです。

エデュケーション

エデュケーションとは、「教育」という意味です。

情報発信の収益化には、お客さんに商品を購入してもらう必要があります。
教育とは、商品に興味のないお客さんを、商品が欲しくてたまらない状態へ変化させることだと思ってください。


・独学で筋トレを進めるのが危険な理由
※「筋トレは独学で十分!」と思っている状態を、「独学ではなく、人から筋トレや食事管理を教わろう!」という状態へ変化させる。
・効率良く筋肉を付ける為には投資が必要な理由
※「筋トレに投資をしたくない!」と思っている状態を、「お金を払ってでも効率良く結果を出そう!」という状態へ変化させる。

お客さんに商品を購入してもらう為には、6つの教育が必要不可欠です。
下記の記事で詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

最適な媒体
・ブログ
・Youtube
・メルマガ
・LINE公式アカウント

ブログは文章で、Youtubeは動画で教育ができます。
特におすすめなのは、メルマガやLINE公式アカウントです。

この2つはステップ配信(事前に作っておいたメルマガやLINEが自動で配信される)ができる為、お客さんを自動で教育できます。

ブランディング

ブランディングとは、周りから抱かれる「イメージ」や「信用」をコントロールすることです。
下記の記事でも詳しく解説していますが、ビジネスを行う以上、ブランディングは必須です。


・神奈川県のフィジーク大会2位に入賞しました
※実績のアピール
・クライアントの○○さんからパーソナルトレーニングを感想を頂きました
※信用のアピール
・妻と一緒に1週間の腹筋チャレンジに励んでいます
※親しみやすさのアピール

発信する内容によって、自分のイメージをある程度コントロールできるようになります。

最適な媒体
・ブログ
・SNS

ブランディング系のネタは、あまりにガッツリと発信すると、自慢のようにも聞こえます。
ブログの記事やSNSの投稿で、サラッと発信するのが向いています。

セールス

商品販売の際に発信するのが、セールス系のネタです。

チェック
・パーソナルトレーニングの紹介
※独自コンテンツ販売
・筋トレ動画コンテンツの紹介
※独自コンテンツ販売
・おすすめのプロテインの紹介
※アフィリエイト
・おすすめの筋トレグッズの紹介
※アフィリエイト

Webマーケティングにおける収益化の方法は、大きく分けると独自コンテンツの販売か、他社コンテンツの紹介(アフィリエイト)の2通りです。

最適な媒体
・ブログ
・メルマガ

独自コンテンツ販売やアフィリエイトに適しているのは、ブログとメルマガです。
Youtube、SNS、LINEは他社のプラットフォームの為、規約があります。

ブログやメルマガはプラットフォームに依存していない為、商品販売もアフィリエイトも自由に行えます。

ダイアリー

ダイアリーとは、「日記」です。

「日記なんて発信して意味があるのか?」と思うかもしれません。
確かに、「今日は朝起きてこんなことをしました」とか、「夕飯にこんな物を食べました」とか、小学生のような日記を発信しているだけでは、あまり意味はないです。

芸能人ならともかくとして、一般人の日常に興味を持つ人は少ないでしょう。
しかし、情報発信のテーマに沿った日記であれば、興味を持ってくれる人もいます。


・フィジークの大会に出場するまでの食事を公開する
・普段どんな筋トレメニューをこなしているのかを公開する
・筋トレオフ日の過ごし方を公開する

日記の中でも、体験談は特に価値があります。

「筋トレ」や「ダイエット」をテーマに情報発信している人が、2キロのダイエットに成功するまでの「筋トレや食事メニュー」「体重や体脂肪の変化」を、毎日ブログにアップするとしましょう。

現在、ダイエットに励んでいる人にとっては、リアルタイムでの情報が見られる貴重なコンテンツです。

こういった日常の出来事をウェブ上に残しておくのが、本来のブログの役割だと思います。
特に日記は人間性が見えやすいので、ファンが増える可能性が高いです。

最適な媒体
・ブログ

日記というだけあって、発信媒体はブログが最適です。

情報発信のネタを一瞬で見つける方法とは?

この6つを意識すれば、情報発信のネタに困ることはなさそうですね。

アシスタント
ユウキ

あと大事なのは、ユーザー目線に立って物事を考えること。
ここを意識していると、情報発信のネタがどんどん溢れてきます。

情報発信のネタはユーザー目線に立って考える

ユーザー目線に立つとは、相手の目線に立って物事を考えることです。
ブログやメルマガであれば読者さん、Youtubeであれば視聴者さん、SNSやLINEであればフォロワーさん。

・ブログを読んでいる読者さんであれば、どんなことに悩んでいるのか?
・Youtubeを見ているリスナーさんであれば、どんなことを知りたいのか?
・LINEをチェックしているフォロワーさんであれば、どんなことに興味があるのか?

例えばこの記事であれば、

ユウキ

ブログ運営をしている人であれば、ネタを見つけるのに苦労するだろうな…。
自分が情報発信初心者だったら、どんなネタを発信すれば良いのか知りたいな。

というように、もしも自分が情報発信初心者だったら、「どんな悩みを抱えているのか?」「どんな情報を知りたいのか?」を考えて、ネタを決めました。

そのおかげでアクセスも集まっていますし、お問い合わせフォームからメッセージをくれる方もいます。

情報発信を始めたばかりの頃は、「自分の書きたいことをブログに書きまくる」「自分の発信したいことをメルマガで配信する」という、自分本位の情報発信をしていました。

それだと、ネタを見つけるのに苦労しますし、読者さんから共感を得られない一方通行の情報発信になってしまいます。

趣味で情報発信をしているのであれば、自分のやりたいことだけを発信しても構いません。

しかし、ビジネスとして取り組むのであれば、常にユーザー目線を意識して、情報発信のネタ探しに励んでみてください。

情報発信のネタはこじつけで考える

それでもネタが見つからない場合は、「こじつけ」を意識してみてください。
こじつけとは、何気ない日常ネタを、無理やり情報発信のテーマにすることです。

例えば、「ボディメイク」をテーマにブログやメルマガで情報を発信しているとしましょう。
「ドラゴンクエストの新作発売」という内容を、無理やり「ボディメイク」へと結び付けてみます。



先日、私の大好きなドラゴンクエストの新作が発売されました。

私は幼い頃からドラクエが大好きで、今までに全シリーズをプレイしています。
私にとってのドラクエの醍醐味とは、レベルを上げて強敵を倒すことです。

ドラクエ開始時は、誰もがレベル1の勇者です。
まずは自分のレベルに見合ったモンスターを倒してレベルを上げる。
徐々に強いモンスターが倒せるようになり、いつしか魔王を倒せるまでのレベルに上がっています。

今まで倒せなかった強敵が苦労して倒せるようになった時の快感は、RPGゲームならではの楽しさだと思います。

この醍醐味は、ボディメイクでも同じです。
例えば、こんな状況を考えてみてください。

あなたは筋トレを始めたばかりで、ベンチプレス30キロをギリギリ上げられる状態だとしましょう。
トレーニングを繰り返していると、ギリギリだった30キロがすんなり上がるようになります。

これが、筋肉のレベルアップです。
次は少し強い敵である、35キロに挑めます。

筋トレ初心者は、最初から大きな結果を求めがちです。
しかし、まずは小さなトレーニングをこなしてレベルを上げない限り、結果はついてきません。

大事なのは、コツコツ継続すること。
いきなり大きな結果を求めるのではなくて、まずは自分のレベルに合ったトレーニングをコツコツ続けてくださいね。

これが、ボディメイクを楽しく継続するコツです。

どうでしょうか?
無理やりではありますが、「ドラゴンクエストの新作発売」が「ボディメイク」というテーマへと結び付きました。

ブログの記事はSEO(検索エンジン)を意識する必要がある為、こじつけ記事ばかりアップしていると、さすがに集客が厳しくなります。

ただ、下記のような発信をする際には、こじつけネタも役立ちます。

チェック
・SEOを意識する必要がないメルマガ配信
・ブログの日記投稿
・少し違った角度から情報発信したい場合

こじつけのような内容でも、読者さんが少しでも気づきを得てくれれば、発信した内容に意味があったと思えます。

この方法では人生の全てをネタに変えられるので、ぜひ活用してみだください。

情報発信のネタを一瞬で見つける方法まとめ

情報発信のネタは、大きく分けると次の6種類です。

チェック
・ノウハウ
・マインド
・エデュケーション
・ブランディング
・セールス
・ダイアリー

情報発信を始めたばかりの頃はネタ探しに苦労するかもしれませんが、慣れてくるとネタが溢れすぎて発信が追いつかなくなります 笑

ネタや媒体を上手く使い分けながら、コツコツ情報発信していきましょう。

追伸.広告費を1円もかけず、たった一人で5,000人以上を集めた、ブログ・メルマガの仕組み化戦略を無料で公開することにしました。

最後まで記事をお読みいただき、どうもありがとうございました!
今回の記事から、何か得られるものがあれば嬉しいです^_^

記事のシェアはこちらから!