フロントエンド・バックエンドとは?【マーケティング戦略を解説】

Webマーケターのユウキです( ´ ▽ ` )ノ
ブログをお読みいただき、どうもありがとうございます!

「フロントエンドとバックエンドの違いやマーケティング戦略について、詳しく知りたいです!」
そんな場合は、当記事をご覧ください。

2014年からWebマーケティング業界に参入し、様々なフロントエンド・バックエンドの商品を販売してきた筆者が、2つの違いや戦略について解説します。

当記事を読んでもらえれば、フロントエンドとバックエンドのマーケティング戦略が身に付きます。

はじめに – 売り上げアップ戦略の概要 –

次の順番で記事を読んでもらえると、売り上げをアップさせるWebマーケティング戦略が、すべて身に付きます。

1.全体像 ブログ・メルマガの売り上げを11.3倍もアップさせた戦略!
2.無料オファー 無料オファーの作り方とは?【おすすめの商品を解説】
3.フロントエンド・バックエンド フロントエンド・バックエンドとは?【マーケティング戦略を解説】
4.アップセル・ダウンセル・クロスセル アップセル・ダウンセル・クロスセルとは?【意味や具体例を解説】

今回は3の「フロントエンド・バックエンド」について、詳しく解説させて頂きます。

フロントエンド・バックエンドとは?

ユウキさん質問です!
Webマーケティングに取り組んでいると、フロントエンドやバックエンドという言葉を良く聞きます。
この2つはどういう意味で、どんな違いがあるのでしょうか?

アシスタント
ユウキ

フロントエンドは手軽に手に取ってもらえる低額商品で、バックエンドはファンに購入してもらう高額商品と覚えておくと、わかりやすいと思います。

フロントエンド・バックエンドの意味

そもそもの話をすると、フロントエンドとバックエンドはWeb制作の用語です。
Web制作の現場で働くエンジニアのことを、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアと呼びます。

チェック
・フロントエンドエンジニア
Webサイトのデザインなど、目に見える部分を担当する人。
・バックエンドエンジニア
Webサイトのデータベースなど、目に見えない部分を担当する人。

これが、フロントエンドとバックエンドの元々の意味です。

フロントエンド・バックエンドのマーケティング用語の意味

いつしか、フロントエンド・バックエンドはマーケティング用語として使われるようになりました。
マーケティングにおけるフロントエンド・バックエンドの意味は、次の通りです。

 フロントエンドバックエンド
特徴手軽に手に取ってもらえる低額商品ファンに購入してもらう高額商品
役割有料顧客やファンを増やす利益を最大化させる
価格数千〜数万円程度数十万〜数百万円程度
月額課金制の商品も多い
1回5,000円のパーソナルトレーニング半年50万円のパーソナルトレーニング

ビジネスにおいて、フロントエンド・バックエンドは、無くてはならない存在となりました。

フロントエンド・バックエンドのマーケティング戦略とは?

なるほど。
具体的に、この2つはどのように使い分ければ良いのでしょうか?

アシスタント
ユウキ

まずは有料顧客やファンを増やす為にフロントエンドの商品を販売し、利益を最大化する為にバックエンドの商品を販売しましょう。

フロントエンドの戦略

フロントエンドとは、手軽に手に取ってもらえる低額商品のことです。
フロントエンドの商品を販売する大きな理由は、次の2つです。

チェック
・優良顧客を集める為
・ファンを増やす為

例えば、無料オファーで100人を集客したとしましょう。
しかし、その100人の中には「無料だからとりあえず商品を受け取っただけで、有料オファーには全く興味がない!」という人も、少なからず含まれています。

そんな中でフロントエンドの商品を購入してくれた方は、優良なお客さんです。
無料オファーを受け取った上で有料商品を買ってくれる訳ですから、今後も商品を買ってくれる可能性は高いです。

更に、フロントエンドが良質な商品だった場合、お客さんはファンになってくれる可能性が高いです。
ファンになってくれると信頼関係が築けるので、高額商品が売れやすくなります。

例えば、こんな状況を想像してください。
あなたは身体を鍛えたいと思って、近所のジムの無料体験に向かいました。

無料体験が終わった後に、次のような高額商品を販売されたらどう思いますか?

ユウキ

マンツーマンでプロのトレーナーが指導してくれる、半年間の個別トレーニングプランが50万円です!

さすがに50万円を支払うのは、躊躇しませんか?

そのジムやトレーナーの方を信頼できるならば、高額商品でも購入するかもしれません。
しかし、信頼関係が浅い状態で高額商品は売れにくいです。
「もしかしたら質の悪い商品かもしれない…」と不安に思う人が大半だからです。

お客さんとの信頼関係を築く為にも、まずは手が出しやすい低額商品を販売しましょう。
「半年50万円の個別トレーニング」を売りたいならば、「1回5,000円の個別トレーニング」の低額商品を販売する。

フロントエンドが満足できる商品だった場合、「このジムやトレーナーさんが販売する商品なら間違いない!」とお客さんからの信頼が得られ、ジムやトレーナーのファンになってくれます。

ポイント
優良顧客を集めてファンを増やすことで、高額の商品も買ってもらいやすくなります。
いきなり高額商品を売ろうとせず、高品質の低額商品を販売しましょう!

バックエンドの戦略

バックエンドとは、フロントエンドの後に売る本命の高額商品です。
フロントエンドの商品であなたのファンになってくれた人は、高額商品を購入してくれる確率が上がります。

バックエンドの商品を販売する大きな理由は、次の通りです。

チェック
・利益を最大化する為

例えば、あなたに1,000人のお客さんがいるとしましょう。
そのお客さんに対して、フロントエンドで1万円の商品を販売しました。
100人の人が購入してくれた場合、売り上げは100万円です。

購入してくれた100人に対して、バックエンドで50万円の商品を販売しました。
20人が購入してくれた場合、売り上げは1,000万円です。
フロントエンドで100万円だった売り上げが、バックエンドで1,000万円にまで跳ね上がりました。

バックエンドは、あらゆる業界で使われている手法です。
昔はよく通販番組で、「高枝切りバサミ」が1万円程度で売られていたのをご存知でしょうか?

実は高枝切りバサミは、フロントエンドの商品です。
高枝切りバサミを購入する人は、それなりに大きな庭付きの一軒家に住んでいます。
マンションやアパート住まいの人たちや、小さな庭の一軒家に住んでいる人はわざわざ使いません。

高枝切りバサミが購入された場合、豪邸に住んでいるお客さんの顧客リストが手に入ります。
庭付きの一軒家であれば、リファームなどの修繕工事が売れやすいです。
そこで販売業者は、高枝切りバサミの購入者リストから、バックエンドでリフォームなどの高額商品を販売します。

1万円の高枝切りバサミを1,000人に販売したところで、売り上げは1,000万円程度にしかなりません。
通販番組の広告費や人件費を考えると、恐らく赤字だと思います。

しかし、購入者1,000人のうち、1%であるたった10人が1,000万円のリフォームを契約してくれた場合、売り上げは1億円にまで跳ね上がります。

仮にフロントエンドが赤字だとしても、バックエンドで黒字にできれば何も問題はありません。
「損して得取れ」という有名なことわざがありますが、それはまさにフロントエンドとバックエンドに相応しいです。
一時的に損をしたとしても、将来的には得をします。

フロントエンドで赤字だった場合は、バックエンドで一気に黒字に転換させる。
フロントエンドで黒字だった場合は、バックエンドで更に売り上げを大きく伸ばす。
これが、フロントエンドとバックエンドの特徴です。

ポイント

バックエンドを活用すれば、売り上げを爆発的に伸ばせます。
フロントエンドで赤字だったとしても、バックエンドで黒字にできれば問題ありません!

フロントエンド・バックエンドまとめ

フロントエンドとは、有料顧客やファンを増やす為に活用する低額商品のことで、バックエンドとは、利益を最大化する為に活用する高額商品のことです。

有料顧客やファンを増やすことで、高額商品が販売しやすくなります。
フロントエンドとバックエンドの商品を使い分けて、売り上げアップに繋げましょう!

追伸.広告費を1円もかけず、たった一人で5,000人以上を集めた、ブログ・メルマガの仕組み化戦略を無料で公開することにしました。

最後まで記事をお読みいただき、どうもありがとうございました!
今回の記事から、何か得られるものがあれば嬉しいです^_^

記事のシェアはこちらから!